シベチャリ川

「染退」と書いてシベチャリ、鮭の産卵所という意味のアイヌ語に字を当てたようだ。
って、看板に書いてある。
11月から12月には、アメマスが鮭のタマゴパターンで釣れるという噂である。

小学校4年から中学2年の秋までを過した心の故郷、シベチャリ川へ行ってきた。
両親ともに新潟生まれのおいらが北海道に渡ってきたのは小学校2年か3年だったと思う。
最初は日高町は沙流川と支流のチロロ川合流点の近辺だった。
その後、父親がダムの建設に携わって、引っ越してきたのであった。

CIMG0440.jpg CIMG0444.jpg

支流のポヨップの沢をメインにして、たまに本流での釣りをしていた頃を鮮明に思い出す。
とにかく「ヤマメ」は釣れた! 釣っても釣っても、また次の週は釣れる!
ミミズがあれば、ミミズの数だけ釣れた。いやいや、その倍は釣れていたかもしれない。
イタドリだと1.2倍位だったか、とにかく釣れた!

ヤマメがサクラ鱒の子とは知らずに、川から湧いて出てくるものだと思っていた。
ゴールデンウイークの頃には、本流にアカハラの大群が姿を現す。
6月の夕方は決まって同じポイントで、体側に何も模様のない大型魚が釣れた。
秋にはアキアジの大群が押し寄せる、これは釣れないが、とにかく豊穣な川であった。
アメマスの姿は、ヤマメが濃かったせいか、ごく稀に釣れただけだ。
そして中学に入る頃には、父親よりも数を釣れるようになったのを思い出す。

住宅のあった場所とポヨップの沢で小一時間ほど、あの頃に思いを馳せて散策した後、
林道が封鎖されていない支流でロッドを出してみた。
しかし魚っ気は全くなかった。
CIMG0441.jpg
ゆったりした素晴らしい渓相なのだが…

そういえば、遠足の途中でアメマスを釣ったことがあったのを思い出して、
小学校があった付近の本流に場所を変えてみた。
増水でポイントが見つけられず時間がかかったが、やっと出てきてくれたのはアメマスではなく!
ブラウンであった。 アメマスは次回へ持ち越し…。
また次も、行く気満々である 

ブラ
育った場所で、釣りを教えてくれた父と、子供の頃に思いをめぐらす釣行もいいものだよ。
234:変な名前ですね(^^♪
エンゴサクさん、こんばんは~(^^♪

北海道にはへんな名前の地が多いですね。

少年A:今日はシベチャリ川に釣りに行こうぜ!

少年B:OK!じゃぁママチャリで行こうぜ!

なんてこと言わないですよね(^_^;)
235:Re: 変な名前ですね(^^♪
上手い!! 座布団1枚!

16ニなったら免許とって
原チャリで行こうぜ!(^-^;)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

エンゴサク

Author:エンゴサク
トラウトと釣り場に咲く花を愛するおじさんブログにようこそ…(^о^) 生き生きとした画像を目指しています。どうぞ、ゆっくり覗いていって下さい

アクセス

ブログ村の住人です

クリックして応援して下さいな にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

人気ブログランキング

お気に入りフォト

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
30位
アクセスランキングを見る>>

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ