浜益川へ、再び・・・

先週のワンキャストワンフッシュ!というゴールデンタイムがたまたまだったのかどうか、
確かめるべく再び浜益川へ行ってきた。

ルアーマンのたーやんは先週、スレでのバラシが数回あっただけとのことで、
一週間かけて作戦を準備してきたようだ。
ルアーでの釣果の9割方、いやいやそれ以上がスレであることの確信から、
何とか口に咥えさせるために、相当考えたようである。
行きついた秘策は、スプーン+フライ(真っ赤っかマラブー)であったようだ。

当のおいらは、もじりや尾びれが見えたり跳ねがあったら、真っ赤フライを漂わせ、
当たりがなければ、ちょっと動かして誘ってみる。
このメソッドが先週同様に通じるかどうか… 検証である 

二人とも胸を膨らませ、ポイントへ向かって歩く速度は当然、早くなる。
はやる気持ちを抑えくれたのは、満開に近いほどに彼方此方で咲き乱れるエゾノコンギク。

CIMG0376.jpg
『悠々として、かつ急げ!』  開高さんの名言が脳裏に浮かび、呟いてみる。
男はそうでなきゃ! そういう男でありたい!・・・と常々思うのだが、なかなか…それが出来ない…!
ついつい、せこせこと急ぎ足になってしまう 



結果から言うと、先週は運が良かっただけのことである!という結論であった。
一匹のオスが咥えてくれるまでに、何と5時間を要したのだから。

CIMG0367.jpg

その後一匹を追加したが、朝7時に到着して終了時刻の5時まで頑張ったのであった。
両者ともに『お前らの思い通りにはならないぜ!』と言わんばかりの面構え。

CIMG0371.jpg

最初の一匹の時は、水面がざわついて、尾びれが見えたりジャンプしたりする群れが近寄って来た。
先週と同じパターンであったが、全く無視され続けた 
水面のざわつきが納まった頃にやっと咥えてくれたのであった。
近くのフライマンも、キャストとリトリーブを繰り返すだけで、なかなかロッドは曲がらなかった。

たーやんが、何とか口に咥えさせた1匹は赤が基調のスプーンだったようだ。
二人の思惑とは全く違う、魚の行動であった。

釣竿とは一方の端に釣り針を、他方の端に、馬鹿者をつけた棒である という諺。 

二人とも、他方の端を持っていたことは確かである。
2012-09-25 21:45 : 道央釣行 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

鮭の機嫌はむずかしい
エンさん、こんばんは~
馬鹿者の一人、シュガーでございます。

今回の鮭さんは、機嫌も悪くお腹も満たされていたんですかね^^
あっ、前回の大漁で腕がやられたのを知って遠慮したのかもw
それでもきちんとゲットしていらっしゃる!そして重そうですね~。
うらやまし~っ
2012-09-26 22:35 : シュガー URL : 編集
Re: 鮭の機嫌はむずかしい
シュガーさん、こんばんは!
遡上魚の難しさを実感しました。
しかし、釣れないほどに時間が短く感じます。
馬鹿さ加減は相変わらずです(^^;)
2012-09-27 20:44 : エンゴサク URL : 編集
No title
こんばんは。
ハママスなかなか厳しかった見たいですね。
それでも二本くわえさせたのはさすがです。
目の前で無視されると本当に熱くなりますよね。あ、そんな気持ちが理解出来る自分は負けずに大馬鹿者かもしれません(笑)
2012-09-27 21:03 : yusuke URL : 編集
Re: No title
yusukeさん、こんばんは。
ホント!厳しかったデス。
新しい群れではなかったのでしょうね。
馬鹿さ加減は、一度ご一緒したので分かりましたよ、お互いに(笑)。
2012-09-28 21:30 : エンゴサク URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

エンゴサク

Author:エンゴサク
トラウトと釣り場に咲く花を愛するおじさんブログにようこそ…(^о^) 生き生きとした画像を目指しています。どうぞ、ゆっくり覗いていって下さい

アクセス

ブログ村の住人です

クリックして応援して下さいな にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

人気ブログランキング

お気に入りフォト

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
304位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
96位
アクセスランキングを見る>>

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ