FC2ブログ

北海道の鱒と野の花

釣り師は魚にそれ以外の何かを求めて放浪する(開高健)

渓流の宝石  

今日は母親を連れて、父の墓参りだったので早起きして数時間の釣行となった。
2日が命日だったから、お盆前にお参りしておきたかった。

20数年前に一度だけ来た事のあるたことのある川を選んだのは、単に近かったからと、
渓流の宝石といわれるオショロコマが釣れるからである。

上流側の林道ゲート前に車を止め、下流へ歩く。
まぁ、2kmくらい歩いて釣り上がれれば、何匹かは相手をしてくれるだろうと…。
しかし!思わぬ展開になってしまった 

始めは川に沿っていた林道も、1kmも行かないうちにずいぶんと高い位置になっていた。
時折見える川は5~60m下であり、急斜面というより絶壁になっている。
それでも、その内に、また川の近くになるさ!と、高をくくって歩けど…歩けど…
水の音さえ聞こえなくなってしまった。
途中で、降りられそうな所まで戻って川岸を下ろうかとも思ったけれど、その勇気が湧かなかった…。
結局、来るときは下り坂だった道を、トボトボと戻るはめになった!!
そうして、降りられそうな斜面から降りた渓相は…
CIMG0161.jpg
渓谷の中の見事な流れではあったけれど、残念ながら魚っ気はありません。
10分も釣り上がると見覚えのある巨大な堰堤が現れ、20数年前の記憶が甦った。
あの時はこの溜まりで2~3匹のオショロコマが出てきてくれたはず…。
しかし、今日は沈黙したまま。ドライにもBHニンフにショットをつけて沈めても無反応であった。
この流れに魚がいないとは寂しいものです!

その後、あと10分も歩けば車に戻れる位のポイントで、小さいけれど…やっと姿を現してくれました。
CIMG0166.jpg
光ってしまって色合いが分かりにくいけれど…。うっすらと朱点というより橙色の点模様であった。
この周辺にだけ数匹の反応があったが、15cmに満たないサイズだけだった。
どうか、この川で生き長らえてほしいと心から願う… 
皆さん、この流域は、そっとしておきましょうよ。

撮影して後ろを振り向くと、色鮮やかな花も微笑んでくれていましたよ(ミソガワソウ) 
CIMG0173.jpg


コメント

こちらこそ光栄です♪

エンゴサクさん、こんばんは♪

やっぱりお会いしていましたか!ブログに来ていただいたうえ川でお話しできるなんて!こちらこそ光栄です。今後ともよろしくお願いしますね。

さて釣りの話しですが、ボクも今年は本流は全然です。数は出るんですが・・・。まぁ下手な横好きなんでいたしかたないかと。それでもなんとかいいとこ見つけたらご連絡しますね~。

シュガー #- | URL
2012/08/05 22:03 | edit

Re: こちらこそ光栄です♪

シュガーさん、こんばんは(^^)/
数ある釣り場があり、数多くの釣り人がいる中で不思議なご縁でありますね・・・

もともと、大きい魚をたくさん釣りたい!という欲張りなもんですから…
今年は札幌在住ですから、そろそろ道東のアメマスなどとも思ってます。

エンゴサク #- | URL
2012/08/06 19:18 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://toroutblog.blog.fc2.com/tb.php/63-28f7236b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top