この川のアメマスの生態について

前号のつづき

この川の下流域は、多分1月の中旬以降に海から上がってきたアメマスと、
前の年に上流で繁殖して、海に帰る途中のアメマスが混棲する
繁殖を終えて川で越冬している固体は、当たり前だけど細身の体型であるし
海から上がって来たものは、当然ウミアメ体型で銀色がかっている

この時期、繁殖でもないのに何故、川へ上がってくるのだろうか・・・
アメマスが、あてもなく・・・散歩がてらに4~5kmも上がって来ることはないだろう
IMG_1144.jpg
それは生きるため、食べるためだろう
水温が低く水生昆虫も少ないこの時期、ご馳走となるもの
それはサケの稚魚であることは明かでしょう
IMG_1147.jpg
かつて、人工孵化・放流をしていたことが、ここのアメマスの生態を作り上げたものと思われる
IMG_1151.jpg
残念ながら近年、孵化放流はやめているようだ
よって、海から上がってくるアメマスの数も減ってしまった!
というのが、おいらの推測であります

この日、自然繁殖のサケ稚魚も、ほとんど見つけることはできなかったけれど
サケ稚魚を意識した新作フライに、とても反応がよかった
IMG_1156-1.jpg

雪代で増水し、立ち込めなくなるまでは、この川に通うことになります
おいら好みの、いいアメマスに会えるからね (^-^)/


2016-02-16 20:34 : アメマス : コメント : 6 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

エンさん、相変わらずかっこいいアメさんですね。
そこの川に限らず日本海河川の溯上個体数は年々減ってるような気がします。
色々な影響があるんでしょうが、しっかり攻略してるのは流石です!!
2016-02-17 12:19 : シュガー URL : 編集
Re: タイトルなし
シュガーさん、こんばんは(^^
一匹二匹の後は案外渋いなーと思っていたら、前の日に二人が入っていたようでした。
今度の新作フライは、マテリアル2種だけのすぐれもので、けっこういけます!
でも、アップするにはお粗末な物です。
この川の最盛期、サケチーとアメマスの追いかけっこで水面を大賑わいさせたようです!
2016-02-17 20:25 : エンゴサク URL : 編集
No title
ブログを拝見して、「この魚は上りと下り、どっちなんだろうなぁ」と悩んでおりましたが、なるほど両方混在しているんですね。

自分もそろそろ、浜益の海アメが気になってます。
2016-02-17 21:17 : koji URL : 編集
No title
おばんです。僕も此のcolorはどっちかなぁと思ってました。
なるほどSoなんでしょうね、きっと。釣り師が一番よくわかってるって気がしました^^.  
2016-02-18 18:25 : こるとれーんtone URL : 編集
Re: No title
kojiさん、こんばんは(^^
画像は、写す角度によって魚の太さが違ってしまうので分かりにくいかも知れません。
手に取ればはっきりするでしょうけどね(笑)

浜益方面、昨年一回だけですけど行って、全くダメでした!
記事のアップ、楽しみにしています!
2016-02-18 20:20 : エンゴサク URL : 編集
Re: No title
こるとれーんさん、コメントありがとうございます(^^
おっしゃる通りです!漁獲対象外の魚の生態を研究している人はいないんでしょうから、釣り師に聞いて回ればアメマスの論文が書けるかもしれませんね(笑)
 
2016-02-18 20:30 : エンゴサク URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

エンゴサク

Author:エンゴサク
トラウトと釣り場に咲く花を愛するおじさんブログにようこそ…(^о^) 生き生きとした画像を目指しています。どうぞ、ゆっくり覗いていって下さい

アクセス

ブログ村の住人です

クリックして応援して下さいな にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

人気ブログランキング

お気に入りフォト

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
44位
アクセスランキングを見る>>

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ