FC2ブログ

北海道の鱒と野の花

釣り師は魚にそれ以外の何かを求めて放浪する(開高健)

10月14日 豊平川のニジマス  

前日、あれだけ十勝川を歩き回って、いい魚は釣れなかったけれど、
ほんの2~3時間のつもりで出かけた豊平川、まあまあの魚に遊んでもらえた。
豊平レインボー

いつもなら30分もあれば行ける場所だが、秋の連休とはいえ1時間半もかかってしまった。
石山通りへ左折して間もなく…流れがわるいなぁ…と思っていたら…
フルーツ街道に入って、南の沢への分岐点あたりから止まってしまった。
ひょっとして、小金湯の交差点まで繋がっているのか…?
何度となく戻ろうか…いやいやそんなに混む訳はないはず…と自問自答。

結局、豊平川を渡った所が道路工事で片側通行になっていただけ。
祝日で連休だというのに、何てこったい!!


昨日の十勝川とは違って、木々は色付き始めたばかり、水中の枯葉を釣ることもなかった。
豊平川
ドライで釣り上がったものの、魚の気配は何も感じられない。
激戦区だろうから、ちょっとしたポイントも丁寧に流したのだけれどな…
やはりドライの釣りは未熟なのだろう。

1キロ程先からニンフに変えて釣り下る。
ダウンクロスに置いたラインを流れに馴染ませて流し込む。
ラインがターンし出したところで…ゴン!

この釣り方は結構バレることが多い。
ネットを使おうと思ったら・・・まぁ、25cmといったところだ。
すぐに、もう一度アタリがあったが、のらない・・・。
ドライには反応がなかったが、この釣り方は合っているようだ。

そして次の、やや大場所といったポイントで
P1060082.jpg
なかなか…いいんじゃない!

やはりこの川は、駐車場所から少し離れた辺りがいいようだ。
魚の大きさまで確認できたのが3尾、アタっただけが2回という満足の時間だった。

ネバリ野菊
ねばり野菊が一株だけ根付いていた。
花を支えているガク片が反り返っているのが特徴。
エゾノコンギクは反り返らずに、包むように閉じている。
セイヨウタンポポとエゾタンポポも同じ見分け方であります。


コメント

No title

まさに灯台下暗し。
近場でそんなの釣れたら大満足ですね!

つりやま #/bEVeuhM | URL
2013/10/15 20:59 | edit

Re: No title

こんばんはー(^^
ホント、中途半端な近場より地元でしたね。
今度、じっくり攻めてみようと思ってマス(^^)v

エンゴサク #- | URL
2013/10/16 20:02 | edit

ナイスサイズですね〜

こんばんは、エンゴサクさま

いいニジマスですね!
水も良さそうで何よりです。
あそこは街中が濁っていても上流はできるから油断できませんよね。

全然行けてなくて悲しくなっております。

シュガー #- | URL
2013/10/17 22:57 | edit

Re: ナイスサイズですね〜

シュガーさん、いい時期なのに行けない辛さ!お察しいたします。

ティペットを1.2号から1号に落としてから反応してくれました(^^
豊平川、侮れません!

エンゴサク #- | URL
2013/10/18 20:19 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://toroutblog.blog.fc2.com/tb.php/171-aabdc0c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top