道東釣り旅Ⅲ 屈斜路湖その1

おいしい食事と体の芯から温まる温泉のおかげで、寝覚めから気力充実!
しかしカーテンを開けてみると路地脇は薄っすらと雪化粧している 
耳を澄ますと風の音、眼を凝らすと木々は大きく揺れている。
 ♪ゴーゴーゴー 風が泣いている
 ゴーゴーゴー
 ゴーゴーゴー 風が叫んでる
 ゴーゴーゴー
 誰を追いかけてゆく 何処へ
 何がそんなに悲しいのさ…♪

スパイダースの歌を口ずさみながら駐車場所へ到着、北見ナンバーが1台だけ止まっていた。
途中シャーベット状態のカーブでは、ちょっとばかり冷っとしたが事なきを得た。
車の温度計は昨日から0℃のままで、故障しているかのようだ。
先に来ている北見ナンバーの車に励まされて、屈斜路湖で一番人気のポイント尾札部川河口へ向かった。

昨日同様にロッドを振ることが出来ない強風と、腰の高さを超える勢いの波が押し寄せている。
風裏に回ってキャストを繰り返すが・・・魚っ気は全くない。

冷えた身体を温めるため、林の中を散策すると水芭蕉が背筋を伸ばして咲いていてくれた。
水芭蕉
他の花といえば福寿草がつぼみを膨らませているだけで、みんな固い蕾のまま寒さに耐えているのであろう。

この後、車に戻って休憩し、予定していたポイントを2箇所回ったが同じような状況であった。
再びこの場所に戻って来たら、若者フライフィッシャーとご一緒になった。
持っている一眼レフと三脚は、魚の動画を撮りたいのだという。
世間話をしながらポイントへ向かう。多分、親子ほどの年齢差がありそうなのだが違和感なく話がすすむ。
河口は相変わらず風があるが、午前よりは少し弱まったようだ。
しばらくして、見事なループを作ってキャストをする若者にアメマスが出た。
おいらは昨日の午後から、ほぼ丸一日アタリがない!
本当にここは屈斜路湖かいな…。
まるで支笏湖で釣っているかのような錯覚に陥りそうな時…!やっと出たー!!
しかし・・・十年ぶりの屈斜路湖の、たぶんレインボーは水際でおいらのフライから逃れていった。
うーん…湖でのバラシ癖はまだ直らないようだ。
傍で見ていた若者も惜しんでくれたのが救いだった。
結局この日はこのまま湖を後にするのだが、明日もここで再会することとした。

翌日、天気は落ち着いていた。5時のセブン開店で食料を仕入れて到着すると…何と!すでに6台の先客がいる。
さすがに人気ポイント、みんな悪天候が続いたのでこの日に合わせて出動して来たのだろう。
尾札部川の流れ込みは入り込む隙もなく右岸に入ると、昨日の若者と合流した。
何でもルアーマンが50cmクラスを上げたらしいが、その一匹だけのようだ。
穏やかな湖面にこの人数だから今日も苦戦を覚悟する。

二時間ほど経ってから風が出て湖面が波立ち、やっとチャンスが巡ってきた!
キャストし5カウント程おいてリトリーブすると…グ・グっと…やった!やった!
屈斜路アメ
屈斜路のグリーンバックあめます!

屈斜路アメ2
もしアメマスのミスコンがあったなら、きっとこの娘がグランプリだろうな。
完璧!こんな素晴らしい魚に出会えるなんて・・・

ネットで取り込んでくれた若者も動画を撮りながら、美しい魚体を褒め称え自分のことのように喜んでくれた。
阿寒でネイチャーガイドをしているという彼と、どちらからともなく手を差し出し固い握手をしていた。

この後は、全く魚信がなくなり、お昼でこのポイントに見切りをつけ移動することにした。
そしてそのポイントでは、また新たな出会いが待っていたのである 



356:No title
まぁ~美しいアメ姫様だこと♪

んっ、「その1」とはまだ続きが…。
この後のドラマが楽しみ~♪
357:Re: No title
つりやまさん、こんにちはー(^^
ほんとに色合いといい、体型といい素晴らしい姿でした。
出来ればあと5センチ身長が欲しかった(笑)
続きの魚もご期待ください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

エンゴサク

Author:エンゴサク
トラウトと釣り場に咲く花を愛するおじさんブログにようこそ…(^о^) 生き生きとした画像を目指しています。どうぞ、ゆっくり覗いていって下さい

アクセス

ブログ村の住人です

クリックして応援して下さいな にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

人気ブログランキング

お気に入りフォト

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
53位
アクセスランキングを見る>>

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ