道東釣り旅Ⅱ・・・別寒辺牛川・屈斜路湖

釣り旅二日目、予定通りに釧路を6時に出発。
雨と低温で昆布森辺りは凍結してはいないかと気にしていたが、路面は乾いていてひと安心。
所々、周辺はうっすらと雪が積もっていた。今日も寒いなぁ…。

一時間程で現地に到着。
少し離れるが比較的広い道路脇に止めようとすると、まさに今道路を渡ろうかという釣り人がいた。
挨拶をし状況を聞いてみると、アメマスはまだいけるだろうとのこと。
おいらよりは若いと思われるが、同年代のフライフィッシャーマンから快く情報を頂くことができ、感謝です!
数も型もかなり下がるが、連休明けに混雑を避けてゆったり釣るのだという。
もう少しすると、ぽつぽつとイトウの釣果も聞こえるようになるという。
よし良し! 魚っ気さえあれば寒くても頑張ることが出来る。
別寒辺牛川
支度を整えて、線路脇を歩く。
少し行ったところで先ほどの方がキャストをしている方向へ、湿地を慎重に歩く。
声をかけてから、もう少し下流へ歩こうと近寄って行くと…ロッドが曲がっている!
いいサイズのようだ! 間もなく寄ってきた魚体は銀色に輝く別寒辺アメマスだった。
60には少し足りないと手のひらで測っていたが、いい魚だ!

よーし! 釣るぞー!!
気が急いて、湿地に足を取られてバランスを崩し倒れそうになる。
落ち着け落ち着けと自らをたしなめ、こういう時こそ『悠々と急げ!』と呟く。

ひと流し…ふた流し…
うーん!? なかなか反応がない。
さらに少しづつ下流へ移動して行くと、何やら魚信のような感覚が…
それは30センチほどの綺麗なアメマスだった。よしよし!だんだんサイズアップすればいいさ!
しかしながら!その後、何故か同じサイズから小さくなっていく。
風が強くラインがなかなか流したい筋に届かない。少し立ち込めるポイントで流してみると…
別寒辺あめ
やや細身だったが、そこそこのサイズが出て来てくれた。ありがとー!

この後、またサイズダウンしていくのだが魚はそれなりに多い。
大型魚への期待とは裏腹にさらに風は強まり、潮が満ちて川が逆流するようになり車に戻ることにした。
当初の予定は、ここで夕方まで過してから弟子屈の温泉民宿に入るつもりだった。
あれこれ迷った末に、去りがたい気持ちを振り切って屈斜路へ向かう決心をする。

ところが着いてみると厚岸より強い風が唸っているだけでなく雪が混じった状態!
真冬の海のような波が押し寄せる湖畔で、それでも風裏になるポイントでロッドを振る。
当然のように何事もなく時間が過ぎていく。春の気温で、この状況だったらなぁ・・・!
P1020029.jpg
ま…明日だ、明日! と言い聞かせて冬に逆戻りした湖畔を後にした。
温泉民宿で温まれば、また局面は変わるはずさ 

2013-05-11 20:00 : 道東釣行 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

エンゴサク

Author:エンゴサク
トラウトと釣り場に咲く花を愛するおじさんブログにようこそ…(^о^) 生き生きとした画像を目指しています。どうぞ、ゆっくり覗いていって下さい

アクセス

ブログ村の住人です

クリックして応援して下さいな にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

人気ブログランキング

お気に入りフォト

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
304位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
96位
アクセスランキングを見る>>

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ