fc2ブログ

釣り竿とは一方に釣り針を、もう一方の端に馬鹿者をつけた棒である

北海道の鱒と野の花

時々小雨の釣り日

9月22日、降水確率50%の日
午後から小雨が降ったり止んだり
本降りにならなければ、たまに雨の日もいいものであります
レインギアなしで突然の雨に当ったことなど思い出しながらも
30cmまでのニジマスに5~6匹遊んでもらい満足の一日
とは言え、歩いた歩いた・・・
林道ではなく、川に沿って長い時間歩くのは、なかなかのものです

P1120691.jpg

内径30cmのネット、ちょいとはみ出るサイズ
P1120710.jpg

タニソバ(谷蕎麦)、この時期は葉が色付いてきれいだ
P1120716.jpg

赤とんぼ
P1120698.jpg
昔、フォークデュオの「あのねのね」が
赤とんぼ
赤とんぼの羽を取ったらアブラムシ♪・・・・って、歌っていたなあ ^^

  1. 2021年09月30日 19:04 |
  2. レインボートラウト

カイツブリ(鳰・鳰鳥・鸊𪂬)

カイツブリ目 カイツブリ科 全長 26cm
英名 Podiceps ruficollis /Little Grebe

北海道では夏鳥、小魚や水生昆虫を主食としているようです
日本で見られる5種のカイツブリの仲間の中で最小とのこと
西岡公園で「ケレケレケレ」、「キュリリリー」という、けたたましい声を耳にいていましたが
カイツブリだったのです

NIZ_2242.jpg

NIZ_2323.jpg

NIZ_2325.jpg

テングタケ
NIZ_2244.jpg
写真映えしますが、毒キノコですね

  1. 2021年09月28日 18:49 |
  2. 野鳥

オショロコマ・虹鱒・大文字草・コクワ

2021/9/14(火)の釣り
この日もオショロコマ探しの釣行
川に出て、途中のポイントには目もくれず一時間ほど上流へと歩いて釣り始め
魚の反応がないままさらに30分ほど釣り上がってから
ようやくオショロコマとご対面!!
P1120648.jpg
魚影が薄いからか、立派なサイズ23~4cmだったと思う
年齢を感じさせる風貌
P1120656-1.jpg
この他、20cm弱が2匹反応したが、熊の糞ともタヌキの溜め糞とも判別しかねる排泄物を見つけ
笛を吹き、手を叩き、鈴を鳴らして退散です

釣り上がる途中のダイモンジ草
P1120639.jpg

開けた流域に戻って、いいニジマスが遊んでくれた
P1120665.jpg

もう一つの目的だったコクワも収穫
ご覧の通り、ベビーキウイとも呼ばれます
本州ではサルナシという名が一般的かも・・・北海道は猿がいないのでコクワですね
P1120674.jpg
熟したものを食べ、残りは焼酎に漬けて仕込んでみました
初のコクワ酒、3ヵ月後が楽しみ ^^

  1. 2021年09月25日 20:16 |
  2. いろいろ

キセキレイ(黄鶺鴒)

スズメ目 セキレイ科 全長 20cm
英名 Gray wagtail
北海道では夏鳥です
渓流ではお馴染み鳥、いつも尾っぽを上下に振っています
喉元が黒くないので、メスと思われます
NIZ_2006.jpg
季節的か年齢か、黄色味がやや薄い個体です
NIZ_2005.jpg

NIZ_2307.jpg

黄色つながりで、キンミズヒキ(金水引)
P1120475.jpg
風の揺れにあわせて・・・

  1. 2021年09月23日 20:20 |
  2. 野鳥

オショロコマ探し

このゴルジュ帯の上流はオショロコマが生息しているはず…と、勝手に決め付けていたが
オショロコマどころか魚の生体反応は全くなかった
P1120623.jpg

別の日、生息している川へ安否確認に行ってきた
以前、お持ち帰りの釣り人が入っていたので気になっていたが
元気な姿を確認できて一安心です

P1120574.jpg
17~8cmがアベレージサイズ
P1120593.jpg

この魚は特にキレイだったのでアップで
P1120586.jpg

イヌタデ、林道脇でひっそりと
P1120407.jpg

  1. 2021年09月21日 19:41 |
  2. オショロコマ

岩魚の楽園が危機 ②

多い時は70匹くらい持ち帰るという餌釣り師が入る流域
林道から川へ降りる場所周辺はほとんど魚の反応がない
それでも500m~1kmくらい釣り上がると、そこそこに反応が出てくる
林道と川が近づく場所が少ないことで、岩魚が守られているようだ
しかし、体力のある複数人が入渓して持ち帰るようになってしまうと
瞬く間に、魚影はなくなってしまうだろうね

P1120504.jpg

この川の岩魚は、頭頂部まで虫食い紋様がある
P1120552.jpg

お腹の下側は黄色から橙色の着色がある
P1120546.jpg

頭が小さく背中が盛り上がった八頭身の体型
P1120517.jpg

花火のようでキレイ
P1120558.jpg

この素晴らしい流れに棲む岩魚の安否確認に、年に一度は訪れようと思っている
岩魚にしてみれば余計なお世話かもしれないけどね

  1. 2021年09月18日 13:24 |
  2. イワナ

キングフィッシャー

カワセミは英名でKingfisherという通り、魚獲りの王様です
予期せぬ出会いでカメラ任せ故、今ひとつの画像ですがラッキーチャンスでありました

NIZ_2219.jpg

NIZ_2221.jpg

NIZ_2227.jpg

キノコのシーズンです
NIZ_2278.jpg
家に帰って画像を調べると
上下ともにタマゴタケっぽいのすが、確信が持てません
NIZ_2238.jpg
公園の中でも、翌日には見当たらなかったから正解かも・・・^^


  1. 2021年09月15日 19:32 |
  2. 野鳥

岩魚の楽園が危機

2021/9/7(火)の釣り
魚が遡上できない高さの砂防堰堤の上、そこに岩魚の楽園がある
7年振りにその区間で竿を振った
林道で原付に乗った地元の餌釣り師に会ったのだが
何でもこの時期、イワナはもっと上流へ移動していると言う
さらに話す中で、びっくりする事に、何と!多い時は70匹位お持ち帰りになるらしい
ヤマメの新子なら聞いたことはあるが、イワナをそれだけ持ち帰るなど初めて聞いた
岩魚の楽園に危機が迫っている
P1120502.jpg

さすがに川へ降りた辺りは魚影が薄いが、そこそこ上流へ行くに従い反応が出てくる
しかし、餌釣り師が得意とする大場所は全く無反応であり、尺超えサイズは一匹も出てこなかった
それでも24~28cm位ながら、みんな筋肉質で均整の釣れた、いい岩魚だった

P1120494.jpg

P1120507.jpg

P1120491.jpg

P1120492.jpg

  1. 2021年09月13日 18:48 |
  2. イワナ

岩魚と大文字草

大文字草は、この時期の楽しみの一つ
花の命は短くて・・・終わっている花もかなりあったけれど何とか間に合った
そして、いい岩魚も釣れてとてもハッピーな時間でありました

名前の通り、花びらが「大」の字のようでしょ
P1120438.jpg

所々、岩肌に群生する花です
P1120435.jpg

ジャスト30cm、いわゆる尺岩魚
P1120455.jpg

何匹かの元気がいい岩魚に遊んでもらえた一日
P1120425.jpg

可憐な花とキレイな岩魚、この川の流れがいつまでも保たれますように・・・

  1. 2021年09月10日 19:36 |
  2. イワナ

保護色

上の二枚はキバシリ、その下二枚はアオジの幼鳥
隠れ身の術ですね

NIZ_1985.jpg

NIZ_1986.jpg

NIZ_2236.jpg

NIZ_2233.jpg

多分、ハッカではないかと・・・
P1120324.jpg

  1. 2021年09月08日 15:59 |
  2. 野鳥

たまには本流

上流域の釣りが続いていたけれど、たまには尻別川本流へ
釣り友からの50サイズの情報があった場所を、自分としては丁寧に流したつもり
そこそこの距離を釣り下ったのだが・・・一度のアタリもなく終了地点に到達
少し迷って、さらに下流域へ移動するものの・・・ウグイ君が相手になってくれただけ

そして困った時のポイントへ移動し、ようやく出てきたニジマス
P1490723.jpg
上流域での低番手ロッドだと、いいサイズではあります


ところどころに咲く紫色のアクセントは、エゾミソハギ
P1120411.jpg

ツユクサ、大好きな夏の花
P1490712.jpg

期待がはずれた釣り人のような・・・虚ろな表情にも見える
P1490707.jpg

「釣れない釣り人は哲学者、釣れた釣り人はただのお調子者」・・・夢枕獏
釣れなかったわけではないけれど、ただのお調子者になれない日でありました

  1. 2021年09月05日 19:12 |
  2. レインボートラウト

カワセミ(翡翆)②

ブッポウソウ目 カワセミ科 全長17cm
英名 Common Kingfisher

誰にも知られずに撮っていた公園も、最近は5~6人の人だかりになることもあります
人だかりは苦手だなあ

NIZ_2149.jpg

NIZ_2188.jpg

NIZ_2137.jpg

NIZ_2177.jpg


  1. 2021年09月03日 20:07 |
  2. 野鳥