FC2ブログ

北海道の鱒と野の花

釣り竿とは一方に釣り針を、もう一方の端に馬鹿者をつけた棒である

キクイタダキ

吹雪いている中、用事を足して昼食後に青空が覗き、いつもの公園へ
やたらと鳴き声が聞こえてくるもののなかなか特定できなかった
以外にも近くのオンコの木の中に、シジュウカラと一緒にいたのは
キクイタダキ(菊戴)
IMGP1814.jpg
スズメよりも小さくて、ほぼ最小の鳥の部類に入るようです
3週間ほど前、小さすぎてフォーカス出来なかっただけに、とても嬉しい!
IMGP1811.jpg
名前の由来、頭頂部の黄色
菊を戴くということらしい
IMGP1809.jpg
小さくてまん丸で・・・可愛い
この鳥もまた、正面から撮ってみたいなあ・・・

シマエナガ

森の妖精とか雪の妖精といわれるシマエナガ
北海道に生息するものは亜種で、頭部が真っ白とのことです
もっと可愛い画像が撮れてからと思っていたけれど・・・
IMGP1643.jpg
今年はこれが限界かな
IMGP1641.jpg

いつもの公園のしゃれた標識
IMGP1693.jpg

最高気温がマイナス5~6℃だなんて、川へ出かける勇気が湧きません

コゲラアカゲラ

行く度に出てきてくれるコゲラちゃん
IMGP1800.jpg
同時に三羽を見たことがあるので、同じ子ではないようだ

時折、姿を現すアカゲラ
IMGP1636.jpg

公園の赤い色も見納め
IMGP1665.jpg
本日より強烈寒波到来のため、少し前の画像であります
う~ さ・む・い・・・

冬アメマス3回戦

22日(土)は、プラス気温の絶好の釣り日和
しかし、気温が高いだけあって雪ではなく雨の予想でもあった
P1460020.jpg
そろそろ、海からの上りアメマスが入って来ると思うと、キャストに力が入る
その殺気だった気配が水中に伝わったのか、前回とは打って変わって全くの無反応
しかもその時間は延々と続き、アタリがないまま小雨が降ってきた
防水のカメラバックではないので車に戻って、望遠のカメラを置いて昼休憩
この場所に見切りをつけて移動も考えたが、経験則からもう一踏ん張りすることを選択

3時間が過ぎた頃、待望のアメマスの感触があったが・・・バレた
そしてそれっきり・・・また無反応の時間

残り時間から、場所移動に向かうとシマエナガの鳴き声
しかしカメラは12-32mmのマイクロフォーザース
P1460022-1.jpg
かなり至近距離まで来てくれたのに・・・あ~ぁ、雨が恨めしい
雪だったらカメラを置かずにすんだのになあ

ついてない時はどこまでもついてなく
移動したポイントで一時間かけてアタリを取ったものの
またしても・・・バレてしまった!
P1460026.jpg
いつになく明確なアタリだったことと、かなり重い感触から、しっかり合わすことが出来ていなかった

とても難しい冬の一日でありました

コガラ

コガラ(小雀) モノトーンな色合いもいいね
IMGP1788.jpg
シジュウカラ科だけあって一緒にやって来ました
IMGP1796.jpg
シジュウカラより少し小さくて、まさに小柄です ^^

冬アメ2回戦・・・その2

車に戻って昼休憩の時、忘れていた足用の使い捨てカイロを着けてみた
これは・・・かなり使える代物であります
午前中、少し感じていた足の冷たさはなくなり、快適な釣りになりました

というのも、そこそこに魚が反応したことにもよるのでしょう
IMGP1720.jpg
下りの細身体型だったけど、この日の最大68cm
残念なことに反対側の口唇は欠損していた

この後、40くらいを反応させ・・・さらに・・・
IMGP1749.jpg
撮影場所に苦慮する場所に限って、連続ヒットしてしまう

さすがに連続ヒットの後は厳しくなり、午前のポイントへ移動
二匹目の均整の取れた中型でしめくくり
IMGP1736.jpg
立派な尾びれの持ち主らしいファイトでありました
ネットの内径42~3cm

青空が出ると、とても暖かい日
IMGP1748.jpg
シャッターチャンスはなかったものの
河畔林を渡り歩くシジュウカラとシマエナガも顔を見せた、いい一日でありました
今シーズン、氷点下の厳しい釣りはできそうにないな・・・

冬アメマス2回戦

真冬日から脱出して二日目の釣行
前回、背中の方から聞こえてきた小鳥の鳴き声はシジュウカラとシマエナガだった
そんな事から望遠レンズを忘れないようにと気をとられて、小型ミラーレスを忘れてきてしまった

難なく一匹目が出てきたけれど、少々面倒な撮影になり、いまひとつ・・・
IMGP1698.jpg
55cmくらいの下りアメマス

二匹目は45位でも太い体型だった
IMGP1703.jpg
その体型を上手に撮ることができなかったが、繁殖後の下りアメとは一味ちがった
IMGP1707.jpg

遅かった冬を物語るように、ネコヤナギがふくらんでいた
凍りつかぬよう願います
IMGP1724.jpg

二匹出た後、沈黙してしまったが、ガイドが凍ることもないプラス気温
休憩をはさんで、ゆっくり・じっくり・・・続きます

シジュウカラ

シジュウカラ(四十雀)
IMGP1557.jpg
羽は、とてもキレイな色合い

ネクタイのような黒い縦線の太さで雌雄を識別するようです
IMGP1560.jpg

平均寿命は1年半くらいという
IMGP1563.jpg
いつも行く公園のレギュラーバードです

アカゲラ

何回か姿を見せてくれたアカゲラは、どうも同じ固体のようです
IMGP1635.jpg

頭頂部が赤くなっていないのでメスでしょう
IMGP1639.jpg

ここでは、アカゲラとコゲラはかなりの高確率で見られます
いつかどこかでクマゲラを・・・

冬アメマスのはじまり

12月には珍しく真冬日が6日連続とのこと
その真冬日になる前の日、アメマスシーズンをスタート
運よく、2箇所目のポイントで出た54cm
P1460013.jpg

30分ほど後に出たのは45~6cmオス
P1460016.jpg
いずれも繁殖後の下りアメマスと思われるが、銀白色になった美しい魚体
この後、40cm位を追加し上々のシーズンイン

もう少しすると、極太の遡上アメマスが混じるはず
P1460019.jpg
冬から春にかけて、しばらくはアメマスの季節です

雪が降る前のヤマガラ

コゲラかと思うようなドラミングの主、ヤマガラ
IMGP1568.jpg
木をほじくるのに夢中

なかなか顔を見せてくれない

地面に下りても
IMGP1594.jpg
おーい、こっちを向いてくれ~
IMGP1585.jpg
下ばかり見ないでさ~
IMGP1595.jpg

可愛く撮るからさ~
・・・
・・・
は~い♪
IMGP1596.jpg

今期最後のブラウントラウト

自分の釣行パターンにおいて、晩秋から初冬にかけてのターゲット
11月下旬に釣れたブラウントラウト
P1450276.jpg
大型になればなるほどに、ルアーフィッシャーがいい魚をものにしていました
この時期は、70cm台は当たり前のサイズとのことでした
サクラマスやアメマスも同じように、魚食性の強い魚にはミノーやスプーンに軍配が上がります
それにスレてきたなら、フライが有利になることも・・・まま、あります ^^/
次のページ