FC2ブログ

北海道の鱒と野の花

釣り竿とは一方に釣り針を、もう一方の端に馬鹿者をつけた棒である

オショロコマとダイモンジソウ

2018/8/29(水)の釣り

駐車場所から近い所はあまり期待できないのだが
IMG_2539-2018-8-29.jpg
意外にも反応があったりすると、得をしたした気分になる
IMG_2554-2018-8-29.jpg
かなり歩く覚悟で入渓したので、嬉しい誤算

おまけに、この花に会えたものだから
IMGP0994-2018-8-29.jpg
そりゃあもう・・・すっごく得をした気分
IMGP1003-2018-8-29.jpg
ダイモンジソウ
IMGP0998-2018-8-29.jpg
この花に名前をつける権利があったなら
やはり・・・この名前になってしまいそうだなあ

いつも拍手をありがとうございます ^^
ずいぶんと古い記事にも拍手をいただきまして、ありがとうございます ^^

ほぼ…初めての流域へ ②

このイワナが出てきたポイントは、分流のちょっとした淀み
ちょうど30cm、いわゆる尺イワナ
P1450079.jpg

この日の最大、35cmくらい
P1450083.jpg
釣り上がった時、12番のパラシュートにはフッキングせず
帰りがけに流した小さめのセミに、バシャっと飛びついてきた

ニジマスに押されぎみで、イワナは追いやられてしまっている印象
P1450081.jpg
お持ち帰りになられる方は、どうかイワナは見逃してやってください・・・


ムシトリナデシコ
なんとも可憐な姿
IMGP0976-2018-8-27.jpg
たくさん花をつけた姿もいいけれど
ひと花、ふた花の姿が好みです
IMGP0977-2018-8-27.jpg

ツリフネソウ
IMGP0985-2018-8-27.jpg
クリオネみたいでしょ

8月27日月曜日、満たされた一日に感謝・・・です ^^

ほぼ…初めての流域へ

2018/8/27(月)

本流はまたまた増水中のようで、支流の上流域へ
この流域は気になっていたものの、数年振りというか、夏場は初めてといってもいいくらいかもしれない
よって、魚への期待はさほどでもなく、花の撮影がメインでよしとの釣行

ウグイ君が続いたあと、20cmくらいのイワナをばらし
ようやく出てきたのはニジマスだった
P1450068.jpg

分流になっているたるみで、何とかイワナの画像も収めることができた
P1450069.jpg
最近はイワナとニジマスが半々くらいとの情報だったので、3番ロッドで釣り上がったが
なかなか見合う魚は出てこなかった
P1450075.jpg
それでも、歩くほどに増える魚の反応に、釣りへの意欲でカメラの重さも薄れていた

この小さな花はアキノウナギツカミ
IMGP0963-2018-8-27.jpg

そしてこの花はママコノシリヌグイ
IMGP0969-2018-8-27.jpg
風に揺れて・・・息をころしてもこれがいいところ

アカバナ
IMGP0973-2018-8-27.jpg

どれもお気に入りの淡いムラサキの花

夏の花

ヤブハギ
DSC_2802-2018-8-.jpg
見過ごしてしまいそうな小さな花


ツユクサ
IMGP0956-2018-8-21.jpg
存在感のあるブルー

大きなイワナと雨の公園

8月12日(日)
近場とはいえ渋滞して、2時間かかって到着

いつでも、一匹目はワクワク感と安堵感が入り混じる
P1450039.jpg

そんな気持ちも二匹目には、大きな魚への欲望に変わる
P1450049.jpg

浮かべたパラシュートには見に来ただけ
P1450041.jpg
アプローチポジションを変え・・・少し間をとって流すと・・・・岩陰から出て小さめのセミをくわえた
P1450042.jpg
この流域では特大サイズの35cm
こんな魚が出てしまうと、満足感からの戦意消失

ロッドを変えて早々に、減水期しか行けない場所へ移動するものの、まったくの無反応
時節柄、帰りはスムースな道路状況でありました

雨の日、久しぶりの公園でギボウシ
DSC_2804.jpg

この時期
DSC_2826.jpg
楽しみにしている雨の日のアジサイ

8月8日の尻別川・・・②

大きさではサクラマスだったが
釣り味は、やはりニジマスが断然上回る
P1450015.jpg
ダッシュとジャンプを繰り返して・・・ハラハラさせられた
P1450019.jpg

この流域では珍しいブラウンも出てきた
P1450026.jpg
このサイズだと、ウグイ君と勘違いしてしまう
ちょっと得した気になれた ^^

久しぶりに、アゲハ蝶
P1450037.jpg
8月8日は、バラエティに富んだ日でありました

8月8日の尻別川・・・①

最初のポイント、40サイズはジャンプ一発バレてしまったのでニジマスだろう
その後、ライズはあるものの反応なし

二つ目のポイントも、同じように時折ライズするものの反応はない
新子ヤマメのようなライズでもいいからと、小さめのソフトハックルを流すと・・・
P1450028.jpg
はい!天ぷらサイズ

その後に・・・
P1450032.jpg
プリプリの塩焼きサイズ

そして・・・
P1450007.jpg
禁断のサクラ色
大型ニジマスじゃあなくて・・・ガックリ!ーー
来年の新子を頼むよ~と、お見送りしました ^^

たぶん、ノリウツギ
P1450002.jpg
わりと背が高かったので、カンボクの花なのか・・・・
違いがよく分からないでいます

セミには足より羽か

2018/8/1(水)
遠くのニジマスを訪ねて行ってみたが、小さいのが一匹だけ
上流域へ移動してみると、流れが変わり、期待のポイントが消滅していて意気消沈

遠回りした帰り道、修理から戻ってきた3番ロッドを取り出して
何とか記念撮影ができた
P1440383.jpg

レッグのみで羽のないセミに反応しなかったポイントで
P1440390.jpg
戻り道、羽のあるセミを流すといきなり飛び出してきた
やはり、羽つきだなあ~!
3番ロッドに、ちょうど良い釣り味でありました
ちなみに、イワナは羽なしに出てきましたが・・・

草むらのムシトリナデシコ
P1440382.jpg
端っこは虫に食べられたか・・・

旭岳の黄色い花と羽衣の滝

大雪シリーズの最終回です

ミヤマアキノキリンソウ
IMGP0896-2018-7-29.jpg
ミヤマキンバイ
IMGP0927-2018-7-29.jpg
原色の黄色い自己主張


旭岳、姿見の池
IMGP0933-2018-7-29.jpg
残念ながら漣が立っていて・・・


反対側の方角
IMGP0935-2018-7-29.jpg

羽衣の滝
P1440373-01.jpg
まさに、天女がまとう羽衣のようだ

ニジマスと大雪の花々

過去記事にも拍手をいただきまして、ありがとうございます ^^

7月28日、最後の一匹
P1440371.jpg
浮かべたセミに向かって、白泡の中から飛び出してきた
湖の魚のような風貌だけあってスピード感たっぷりのファイト


稚児車(チングルマ)                               風になびいて・・・
IMGP0918-2018-7-29.jpg

名前の由来は、子どもの風車に見えたことからという           風が凪いで・・・
IMGP0920-2018-7-29.jpg

この綿毛は実なのだとのこと                          また 風が吹いて・・・
IMGP0919-2018-7-29.jpg

白い花を終えても、こんなステキな姿にかわるとは・・・

コマクサ、一株だけ見つけた
IMGP0943-2018-7-29.jpg
どうしてこんな魅惑的な色合いの花が、荒れた砂礫の中を好むのだろう

イワブクロ
IMGP0924-2018-7-29.jpg
ステキな淡い紫色
IMGP0939.jpg

釣竿を持たずとも、大雪の花々に夢中になった半日でありました

ニジマスと大雪の花

7月28日(土)の釣りと大雪のお花

透明な水に磨かれた石と魚
P1440363.jpg


エゾノツガザクラとチングルマ
IMGP0910-2018-7-29.jpg
漢字では蝦夷の栂桜

IMGP0911-2018-7-29.jpg
チングルマがたくさん咲いていました
IMGP0914-2018-7-29.jpg
漢字で稚児車
この漢字らしい姿は次回へ