FC2ブログ

北海道の鱒と野の花

釣り竿とは一方に釣り針を、もう一方の端に馬鹿者をつけた棒である

薔薇の季節

渓魚の女王様が桜鱒なら
花の女王様はやはり薔薇の花
濃艶であり清楚である
DSC_2639-2018-6-29.jpg

DSC_2649-2018-6-29.jpg

ゴージャスでシンプル
DSC_2634-2018-6-29.jpg

DSC_2650-2018-6-29.jpg

豊平川の元気なニジマス

2018/6/26
夜に宴会があるため近場の豊平川へ
ニンフで釣り下り、戻りはドライで・・・
30cmを超えなかったが、ジャンプを繰り返す、すこぶる元気なニジマス達だった
IMG_2513-2018-6-26.jpg
5~6匹がしっかり咥え、その倍以上のアタリもあった
ニンフもドライもフライのサイズが#8だったからだろう
IMG_2523-2018-6-26.jpg
上がる前の最初のポイントで、#12に落とすと3匹が続いて出てきた

楽しみにしていたゴウダソウ(実際はもう少しピンク色)
IMGP0793-2018-6-26.jpg
今年は少し遅い釣行、ぎりぎり間に合った

オオバクサフジ
IMGP0792-2018-6-26.jpg

元気なニジマスと好みの色合いの花に癒された半日でありました

バラの花・・・3

バラ盗人許さるべし!・・・と言うほどに撮れたかどうか・・・
DSC_2601-2018-6-23.jpg

バラの花・・・2

バラが咲いた ♪
DSC_2596-2018-6-23.jpg

バラの花 

咲きはじめました
DSC_2585-2018-6-23.jpg

フックアウト

心の準備をしていたポイントは、ことごとく無反応
期待していなかったポイントから出てくれると嬉しい!
IMGP0778-2018-6-20.jpg

この2~3年、期待のポイントで
フライをとっかえひっかえして、ようやく喰わせたのだけれど・・・フライがまずかった
IMG_2505-2018-6-20.jpg
ワイドゲイプのフックは水中での姿勢は良いのだがね~
しっかりフッキングする前に、テンションをかけ過ぎたのかもしれない
しばらくやりとりっした後、ジャンプ一発、フックアウト!


気を取り直した後に同じポイントで
小気味の良い連続ジャンプを見せてくれた
IMGP0779-2018-6-20.jpg
同じようなサイズがもう一匹出たあと
それっきり、沈黙のポイントになってしまった

モイワラン? サイハイラン?
IMGP0788-2018-6-20.jpg
ハンパナイではなく
はっぱのない花

赤い花 白い花

赤い花摘んであの人にあげよ
DSC_2573-2018-6-17.jpg
あの人の髪にこの花さしてあげよ


白い花摘んであの人にあげよ
DSC_2576-2018-6-17.jpg
白い花白い花
あの人の胸に咲いてゆれるだろお月さんのように

中林ミエさん 作詞作曲
ずうっと前に、赤い鳥のLPに入っていたなあ
当時は作者不明だったとか・・・

豊平川のつもりが・・・

豊平川で半日のつもりが
5時に到着すすものの・・・すでに2台の車
まいったなあ・・・とつぶやきながらの峠越え

最初のポイントは、手乗りサイズが一匹だけ
それほど踏み跡はない上に
柳の木を揺すると、2~3匹のヒゲナガ飛び立つのだが

半ば諦めの境地で場所移動してから
頬がいい色のニジマス
IMG_2496-2018-6-16.jpg
ようやく、それなりのサイズ

オニタラビコ
IMGP0749-2018-6-16.jpg

ヒメヘビイチゴ
IMGP0767-2018-6-16.jpg

ヒゲナガがそこそこ出ているのに激シブの一日
すっかり自信喪失!
釣れる気がしませ~ん ^^;

ハルジオン

ヒメジョオンとハルジオンの違いを調べてみると
この花は、花びらの細さからハルジオンらしい
DSC_2527-2018-6-14.jpg
淡いピンプ色がかっているものもハルジオンに多いとのことだ
DSC_2526-2018-6-14.jpg
春紫苑、あっちにもこっちにも咲いておりました

女王様

どちらかといえば下流域に属するポイントで顔を見せてくれた岩魚
海からポイントまで、堰堤も何もない区間なのだが
どう見てもアメマスとは呼べない容姿である
IMG_2481-2018-6-9.jpg
想像するに、支流から海へ下るアメマス達についてきてしまったのだろうか

オオハナウド
IMGP0714-2018-6-9.jpg
純真無垢な白い色
IMGP0691-2018-6-9.jpg
ちょいと思いどうりに撮れなかったけれど
全体はこんな感じで豪華でしょ

そして・・・アメマスやニジマスではなく
釣れてしまった禁断のサカナ
IMG_2488-2018-6-9.jpg
女王様、ごめんなさい! 
でも、せっかくだから一枚撮らせていただきました ^^;

大きくて立派な花姿のエゾカンゾウ
IMGP0724-2018-6-9.jpg
お礼もかねて、女王様に捧げます

エゾカンゾウ

エゾカンゾウ
IMGP0720-2018-6-9.jpg
漢字では蝦夷甘草
ずうっとエゾキスゲだと思っていたけれど違ったようだ
IMGP0730-2018-6-9.jpg
エゾキスゲは黄色でエゾカンゾウは橙色とのこと
IMGP0734-2018-6-9.jpg
昨年は行けなかった釣り場の途中、見事に群生していました

バラシ癖

2018/6/6(水)

大岩の裏の湧き上がってくる水流の下、大岩から1mの辺りで掛けた魚は
一気に大岩の中に潜り込んだのか・・・動かなくなってしまい・・・しかたなく強引にラインブレイク
この一匹目はたぶん50オーバー

ターンが終わる頃、ちょんちょんとアクションを付けてさらに流すと・・・もわっとした感触
ラインを引いて合わせばよいものをロッドを上流側にしゃくって・・・
さらに念を入れてしゃくると・・・軽くなってしまった二匹目も50サイズか

ばらさなかった三匹・四匹目は、このサイズ
IMGP0666-2018-6-6.jpg
場所移動した後の五匹目も、首振りの感触中に、ふっと軽くなってしまった
先週からのバラシ癖が直らない

小指の爪ほどのスミレ
IMGP0658-2018-6-6.jpg
花は逃げずに相手をしてくれる

田んぼの前で足を止めたキタキツネ
IMGP0671-2018-6-6.jpg
いい魚をばらした後、溜息混じりに川を見ている自分のようだ
次のページ