FC2ブログ

北海道の鱒と野の花

釣り竿とは一方に釣り針を、もう一方の端に馬鹿者をつけた棒である

水位が高い豊平川流域の花

2018/5/30
水位が下がりきっていない豊平川で魚を諦め、花の撮影
同じような状況でも、去年は大きいニジマスが出てくれたのだが・・・

ツツジより背の高い木に咲く白い花
DSC_1857-2018-5-30.jpg

コンロンソウ
DSC_1870-2018-5-30.jpg

北向き斜面に咲くニリンソウも、いよいよ最終盤のようだ
DSC_1878-2018-5-30.jpg

これから最盛期を迎えるクルマバソウ
DSC_1881-2018-5-30.jpg
春の花から初夏の花へバトンが渡ったようである
DSC_1869-2018-5-30.jpg

この日、札幌も夏日になりました

選択ミスの水域

気温が上がり、蚊の活性が高くなり、スプレーする前にチクリ!
それにしても・・・魚の活性は、意外と高くなかった
おまけに、なかなか花を見つけることもできない

ようやく・・・オオカメノキ
IMG_2467-2018-5-29.jpg
葉の様子が、亀の甲羅のようだからとのこと
夏から秋にかけて、赤い実をつけます

この日は3回、魚とのやりとりがあったが
撮影できたのは一番小さな魚
IMG_2471-2018-5-29.jpg
大きな魚はジャンプ一発!簡単にバレてしまった

多分、来週には、いい感じの水量になりそうだ
IMG_2469-2018-5-29.jpg
この期、川の選択はとても難しい・・・

少し早かった尻別川

2018/5/24(木)

羊蹄山のふもとの川で
IMG_2461-2018-5-24.jpg

オオバナノエンレイソウ(大花延齢草)
DSC_1823-2018-5-24.jpg
森の貴婦人とも言われるらしい
そう言われると、気品が漂っている

ニジマスの可愛い子ちゃん
IMG_2466-2018-5-24.jpg
あとは、このサイズの岩魚?アメマス?が3匹

帰りに、寄り道をしてお目当てのヤマワサビ
DSC_1838-2018-5-24.jpg
花を撮影後に収穫
DSC_1842-2018-5-24.jpg

車を停めた場所に咲いていたスミレ
DSC_1846-2018-5-24.jpg
着いた時はワサビしか頭になかったということ
相変わらず視野が狭いな

釣りやすくなるのは、あと2週間くらいかかるかも・・・

ほんのり・・・

色・香・姿などが、かすかなさま
IMGP0612-2018-5.jpg

鵡川のニジマスと桜草

この3年くらい、ゴールデンウイーク明けは鵡川上流域へ釣行
魚影が薄いのは覚悟の上だったけれど、本当に一回こっきりの魚からのコンタクト
IMGP0563-2018-5-15.jpg
それでも、華麗なハイジャンプを3回決めた30サイズ

この流域でのお目当て、オオサクラソウ
IMGP0595-2018-5-15.jpg
それなのに、なかなか納得の一枚をものにすることが出来ない
今回はなぜか、いちばん扱い慣れていないペンタックスを手にしていたし・・・

エゾのリュうキンカ(ヤチブキ)
IMGP0578-2018-5-15.jpg

見てのとおり・・・ニリンソウ
IMGP0596-2018-5-15.jpg

ミヤマカタバミとネコノメソウ
IMGP0585-2018-5-15.jpg
(実際はニリンソウより小さな花)

時折、ヤマザクラの花びらが流れてくる気持ちの良い流れ
IMGP0607-2018-5-15.jpg
これらの花のほかにフッキソウ、エゾエンゴサク、シロバナノエンレイソウ、エンレイソウ、イチリンソウ、エゾワサビなどなど
たくさんの春の花が咲き、行者ニンニクも軽く手の届くところに自生する鵡川上流
魚影が濃ければ、盆と正月が一緒にやってくるような川なのだが・・・

主役はムスカリ

こちらは昨日の豊平公園
ここの主役も背景のチューリップやムスカリのようだけれど
DSC_1751-2018-5-12.jpg
クリスマスローズの引き立て役に・・・

どうしても惹きつけられてしまう小さな花
DSC_1754-2018-5-12.jpg
西側の端っこに咲いている勿忘草


本日、「百合が原公園のムスカリが満開」という新聞記事を見つけて
DSC_1780-2018-5-13.jpg
その数は10万本もあるとのこと
DSC_1786-2018-5-13.jpg
赤や黄色のチューリップを脇役にして・・・
DSC_1797-2018-5-13.jpg
花言葉は「通じ合う心」とのこと
風が強く、午前中の雨粒がなくなってしまったのが残念!
青の中に玉ボケがいっぱいできるはずだったのだが

2018初ダム湖 その2

ポイント移動してすぐに、ラインを出している最中に釣れてしまった
釣ったのではなく・・・そういうこと
DSC_1679-2018-5-9.jpg
コツコツと感触はあっても空振りばかり
数釣りの期待は・・・風と共に去りぬでありました

太陽の暖かさを待つニリンソウ
DSC_1699-2018-5-9.jpg

斜面に咲くカタクリ
DSC_1710-2019-5-9.jpg
同じ斜面に出るはずのウドが見当たらず、ちょっとがっかり

帰り道のワスレナグサ
DSC_1739-2018-5-9.jpg
そこに咲いているのを、忘れていなかったよ

2018初ダム湖 その1

シーズンインして間もないはずはずなのに
とてもシビアな状況
DSC_1673-2018-5-9.jpg
予定としては、魚を何匹か撮影した後に花をゆっくりと・・・そして、ウドの収穫をと目論んできたのだが・・・
世の中、そんなに甘くはありません

寒がり屋さんのヒトリシズカ
DSC_1688-2018-5-9.jpg

陽が射すのを待ちわびるシラネアオイ
DSC_1694-2018-5-9.jpg

枯れ葉を掻き分けて、たくましく・・・
DSC_1689-2018-5-9.jpg

セーターを脱いできたことが悔やまれる気温だった

連休前半の釣り

気に入った一枚を、なかなか写すことができないでいるヒメイチゲ
DSC_1648-2018-5-2.jpg

白い小さな花はモノクロが似合うのかも・・・
DSC_1647-2018-5-2.jpg


カラフルで大きな魚もモノクロで
IMGP0496-2018-5-1.jpg
そのファイトは、体型から想像できる通りのもの
岩にリーダーやティペットが擦れないようにヒヤヒヤ・・・ハラハラ・・・

5月の日

先日の公園のつづき
春の妖精といわれる可憐なすがた
DSC_1631-2018-4-29.jpg
日が射さないと、花を閉じたままの気難しさもある花
DSC_1629-2018-4-29.jpg

札幌は、一週間ほど早い開花
DSC_1600-2018-4-29.jpg
これからの主役です
DSC_1610-2018-4-29.jpg
来週末くらいに咲く釣り場もまた楽しみです


本日、労働者の祭典、MayDay
もう45~6年も前の歌でしょうか
岡本おさみさんの作詞


深夜放送で聞いた「帰り道」、その後買ったこのLPレコード、衝撃的だった!
泉谷さんにしか出せない味 二十代前半のはずなのに・・・