FC2ブログ

北海道の鱒と野の花

釣り竿とは一方に釣り針を、もう一方の端に馬鹿者をつけた棒である

公園の花々と

人通りがほとんどない片隅にひっそりと
DSC_1575-2018-4-29.jpg

風に吹きさらされながら
DSC_1590-2018-4-29.jpg


DSC_1581-2018-4-29.jpg
君の名は・・・
DSC_1583-2018-4-29.jpg

少し離れて咲くエゾエンゴサク
DSC_1623-2018-4-29.jpg
たくさんの人たちを楽しませたカタクリも、あと一週間くらいでしょうか
DSC_1614-2018-4-29.jpg

この時期、一番楽しみにしている春の恵み
DSC_1571-2018-4-29.jpg
今回はちょっと奮発して、歯舞こんぶ醤油で仕込みました
醤油6:酒4に、行者ニンニクは、さっと茹でて刻みました

冷やっこにのせて食せば、それはもう・・・言葉になりません ^^

遅い春

福寿草の咲く谷間は、まだ雪が残っていた
DSC_1561-2018-4-27.jpg
日が当る斜面に10株くらい、新たな場所を見つけた
DSC_1554-2018-4-27.jpg
しかし、雪の中に怪しい足跡が・・・真新しいようではないが
鈴を鳴らしながら手をたたきながら・・・声も出して・・・


残念ながら、エゾエンゴサクはまだ雪の下
すみれは蕾が膨らみ始めたところ

ニジマスはこのサイズで、十分楽しいファイト
IMG_2402-2018-4-25.jpg

この次は、もう少し多くの花が待っているはず

幻想的な湖と鱒

千載一遇のシャッターチャンスだったと思う
IMG_2388-2018-4-25.jpg
溜息交じりの息を、そっと吐き出しながら撮っていた
雲が去って行かぬように・・・波紋が立ってしまわぬようにと・・・
少し時が経つとこんな感じ
モノクロモードではありませんぜ
IMG_2389-2018-4-25.jpg
もう少し広角のレンズを持ってきていればな~

ロッドを持つ前からかシャッターを何回も押した時は
えてして、釣れない事が多いのだが・・・

ここに棲む虹色の鱒と
IMG_2406-2018-4-25.jpg
茶色の鱒
IMG_2437-2018-4-25.jpg

周辺に咲くヒメイチゲ
IMGP0459-2018-4-25.jpg
陽が射せば可憐な花びらを開いてくれるのだが・・・
う~ん、こういう天気だったから会えた風景と魚だから、ないものねだりということか

ニジマスのほっぺと花

動物の世界では、色鮮やかないでたちであるのは圧倒的にオスの方が多い
ニジマスのほっぺもそうである
IMG_2369-2018-4-21.jpg
メスを引き寄せるためか・・・?

この日、カタクリとエンゴサクが咲く場所でカメラを構えていたのは圧倒的にオトコ達でありました
それも、そこそこの年齢のオトコ達
もちろん、自分も含めてではあります
DSC_1469-2018-4-21.jpg
たまたまなのかどうか・・・カメラを趣味とするのがオトコが多いというだけのことなのか
DSC_1524-2018-4-21.jpg
花を人間にたとえるならば…どちらかというと女性だと思いますが
DSC_1496-2018-4-21.jpg
ブルーのエゾエンゴサクに限っては、ハンドルネームでもあるわけで、オトコにたとえたい ^^

花もサカナも美形

喉の痛みに負けて釣りを自重しましたので、前回の釣行の魚です
小さいけれど、とてもきれいなサカナだった
IMG_2378-2018-4-19.jpg
ほっぺの薄紅色はカタクリに通じるような気がする

土曜日に、そろそろかな~と思って豊平公園へ行くと
エゾエンゴサクとカタクリが満開でした!♪
DSC_1527-2018-4-21.jpg
エンゴサクのそばの黄色はキバナノアマナ

魅惑の淡いムラサキ色
DSC_1511-2018-4-21.jpg

しゃがんだり立ったりを繰り返す撮影の間、喉の痛みもすっかり忘れてしまっていた ^^

ほんの一輪、咲き残っていた福寿草
DSC_1489-2018-4-21.jpg
「わたしも撮って~!」とせがまれたような・・・

いつも応援クリックありがとうございます ^^

体の不調を忘れてしまう一匹

3日前の釣り
喉に違和感があり、釣り場に付く頃には、のどちんこあたりがヒリヒリ
2時間もすると節々が痛いような・・・

さほど大きいわけではないけれど、体の不調を忘れてしまう一匹
IMG_2365-2018-4-19.jpg

ようやく咲いたナニワズ
IMGP0438-2018-4-19.jpg
モニターが暗いなあ・・・と思っていたら
なぜか、露出補正がマイナスになっていた (^^:

あんがい大きかった!

あんがい大きかったんだな! という印象
まだ、サビが残っているようだ
IMGP0378-2018-4-14.jpg
6月くらいだったら、そうとう手こずったことだろう


雪代を集めて流れる上流域
IMGP0408-2018-4-14.jpg
(上の魚の住居ではありません ^^ )

ナニワズの花、来週には開いているだろう
IMGP0418-2018-4-14.jpg
いよいよ、早春の楽しみが待っている・・・

止水のニジマス…2

体型と色合いから、回遊しているのではないかと思われる
IMG_2333-2018-4-14.jpg
背中の黒転がやや少ないことから、ホーライマス系だろう

こちらは黒点がびっしり
IMG_2335-2018-4-14.jpg
シャッターを押している時には気づくはずもなく
家に帰って一杯飲みながら・・・画像を整理して気がつきます


街中より2~3週間ほど遅い季節の歩み
IMGP0413-2018-4-14.jpg
今回は少し多めに収穫、この春2度目のフキ味噌
IMGP0424-2018-4-15.jpg
五味の苦味という言葉に当てはめがたい、「ほろ苦さ」という春の味
にっぽん人でよかったな~

いつも応援クリックありがとうございます ^^

待ちきれずに

せっかくの平日休みも、予定していた釣り場の降雨予想は80%
去年までなら、行って見なけばわからん! そう思いながら出かけただろうが・・・
春シーズン最後のアメマスを諦め、釣り場の花も待ちきれずに豊平公園へ

咲いていた・・・咲いていた
DSC_1451-2018-4-11.jpg
釣り場の山間に咲くものより、少し色が薄いような気もするけれど正真正銘の福寿草

枯葉を突き破る姿は、行者ニンニクを連想させる逞しさ
DSC_1426-1-2018-4-11.jpg
さらに・・・クロッカスから連想するのは
DSC_1427-2018-4-11.jpg
「かおるちゃん、遅くなってごめんね・・・かおるちゃん・・・」という歌詞
ここでピンときた方は、○○歳台でしょうね
DSC_1442-2018-4-11.jpg
花は花は花は・・・遅かった~♪

いえいえ、早くから咲いていてくれてありがと~ ^^

<おまけ画像>
IMGP0342-2018-4-8.jpg

いつも応援クリックありがとうございます ^^

止水のニジマス

見るからに止水に住むサカナ
IMGP0328-2018-4-8.jpg
流水に住むサカナとの違いを問われても
即答はできないけれど・・・

この時期は、けっこう探さないとカメラを向けることができません
IMGP0355-2018-4-8.jpg
釣り場の春の花は、もう少し先になりそうであります

ミスターレインボー

2018/4/8(日)

ニジマスではたぶん、自己最高のメモリアルフィッシュ
IMGP0300-2018-4-8.jpg
ネットですくうことが出来なかった

このフィールド、今年は雪が多かった
IMGP0306-2018-4-8.jpg
南のアメマスへ行こうか迷ったけれど・・・正解だった ^^

午後からちょいと…その2

2018/4/1(日)のつづき

ちょいとのつもりで行ったのが良かったか
あっと驚く、いい魚が釣れてしまった
IMGP0274-2018-4-1- -コピー
このロッドは前回、釣れない時間を丸一日消化してきたので
釣れる時間を呼び込んだのかも知れない

帰り道に気がついたのは
レンズフィルターが、霧雨に曇っていた

IMGP0284-2018-4-1.jpg
ピントが甘いけれど、何ともいえない柔らかな画像になっておりました ^^
次のページ