FC2ブログ

北海道の鱒と野の花

釣り竿とは一方に釣り針を、もう一方の端に馬鹿者をつけた棒である

釣り収めはダメでも一年に感謝です

あの日、最後の一匹
いよいよ陽が翳ってきて、こんな感じの画像がいいところ・・・
IMG_1986-2017-12-24.jpg
青年の眼光を持っているつもりでも、薄暗くなっては仕方ない
後ろ髪を引かれる思いを振り切って、川を後にしたのでした

本日、大晦日の釣り収め
しかし、到着した場所は・・・・
DSC_2238-2017-12-31.jpg
2017年の締めくくりは試練の一日となりましたが
無事に釣りが出来たことに感謝です

この一年間、変わりばえのしないブログを、ご覧いただきましてありがとうございました
来年も皆様にとって、良い一年になりますように ^^/

それでは、また明日!? (^^;

三匹目も四匹目も・・・

たて続けにバレてしまったものの
毛ばりを8番の4XLから2XLに変えたのが功を奏して・・・
ジャーン!!
DSC_2220-2017-12-24.jpg
一匹目、二匹目とは明らかに違う容姿だ
想像するに、荒れた海から川の中に餌場を求めて来たのだろう

そして四匹目
DSC_2226-2017-12-24.jpg
推測ででは、アメマスはある程度の群れで移動している
DSC_2224-2017-12-24.jpg
移動の目的は食欲と繁殖のためだろう
そして、12月下旬となれば繁殖のための遡上とは考えにくく、
食欲を満たすために荒れる日本海から川へ入って来たと考えるのが自然だろう
DSC_2189-2017-12-22.jpg
この時期、川の中に小魚の姿は乏しく、サケの稚魚も孵化したばかりだから
おいらの、サケ稚魚を模した毛ばりに喰いつくのも半信半疑だったと思われる
DSC_2231-2017-12-24.jpg
早引きには反応が薄く
あくまでもスロー・・・スローの動かし方が有効だった

それにしても、この容姿のアメマスが続けてロッドを曲げてくれる至福の時間!

もう少し・・・続いたのです ^^

二匹目の後はあるのか・・・

今回は、ちょっと物書き風に

クリスマスイブの2匹目
DSC_2212-2017-12-24.jpg
前日のシュガーさんが2匹だったとのこと、南の本流のTaniさんも2匹でスタートしたとの事だった
おいらも2匹目の後はまったく反応がなく、そろそろ引き上げようか自問していると・・・
およそ50m先でライズが!
寄って来いよ!寄って来いよ!と呟きながらキャストとリトリーブを繰り返す

そうして10分後に・・・根がかりのような感触に、半信半疑のアワセになってしまい
3秒間だけの感触で終わってしまった
そしてその次は、痛恨のアワセ切れ!
前半で根がかりを繰り返し、フライを2個ロスしたことで、ティペットの結び目が弱っていたのだろう
何度も自分の横着さを悔やんできたはずだが、また繰り返してしまう愚かさに溜息が出てしまう

長い息を吐きながら、見上げた空は
DSC_2214-2017-12-24.jpg
もう一時間もすると、フライを結び直せなくなる夕暮れが迫っている
焦る・・・
フライをチョイスするのも、もどかしい

ラッキー、ハッピークリスマス

ご覧いただいている皆さま、メリークリスマス 
DSC_1323-2017-12-23.jpg
いいクリスマスでありますように・・・


今日もダメかと思ったけれど
DSC_2201-2017-12-24.jpg
前半、最後のポイントで川からのプレゼント・・・ありました!
ホントに嬉しかった ^^

そして後半、ラスト1時間はラッキー・ハッピークリスマスイブになりました!

この次、この次・・・

水面は山と雲と空を映したまま、魚の波紋にかき消されることはなかった
DSC_2193-2017-12-22.jpg
想像できなかったわけではないが
帰り道、未練を残した方角を振り返って見る
DSC_2195-2017-12-22.jpg
この次、この次・・・

冬アメマス シーズンイン・・・②

この日は運良く、プラス気温だったこともあり、活性が上がったのかもしれない
アメマスの好みそうな10m位の区間で6匹の反応があった

最大はたぶん・・・55~6センチ
P1430083-2017-12-14.jpg
色合いからすると、繁殖後の下りのようだけれど、この太さ!

オスらしい魚体のバランス
DSC_2174-2017-12-14.jpg
シルバーに少し紫がかった色合いは、まさに尻別アメ

指の冷たさを忘れさせてくれるいい魚との出会いに感謝です!

冬の日の青空にも「ありがとう!」です ^^
DSC_2162-2017-12-14.jpg

冬のアメマス シーズンイン

出かける宣言の結果はアタリ~!
この調子で宝くじが当たればなあ~

かなりいい感触だった手応えの魚は、2~3回の首振りで外れてしまった
フライを8番にサイズダウンして、ナチュラルドリフト中に明らかに分かるアタリがあった
海からの使者と思われるムチムチボディ
DSC_2167-2017-12-14.jpg
「そうかい、そうかい来てたのかい! よく来てくれたね~!」
カメラを変えてもう一枚!
P1430075.jpg
サイズは40ちょいだけれど、均整の取れた好みの体型の魚だ

この魚は体型から、川を主な生活圏にしている固体かもしれない
P1430086.jpg
アメマスの水玉模様は芸術的なデザイン

生きていくための獣の足跡が交差していた
DSC_2163-2017-12-14.jpg

釣り師の足跡は
DSC_2160-2017-12-14.jpg
ひたすら川へ続いている

出かける宣言!

最近、寒さに負けてか
ついつい、出かけることが億劫になってしまって・・・

そこで! 明日は出かけるぞ宣言!

さて、100km先か200km先か

DSC_2084-2017-11-18-1.jpg
この画像は、ちょっと前のもの
今期、ルアーの方々はかなり釣っていましたよ

オキザリス

元々は、母親のところにあった鉢植え
面倒を見ることが出来なくなり、前の部署の職場の花として引き取ったのが3年前
DSC_1293-2017-12-10.jpg
昨年、今の職場で株分けをして、更に2鉢に増えてしまった
終わった花の茎と一緒に切り取ってしまった葉を水に差していたら・・・根が出てきて
それを植えてみると・・・立派な株に成長して・・・たくさん花をつけています
DSC_1306-2017-12-10.jpg
かたばみ属らしく葉は3枚
DSC_1297-2017-12-10.jpg
そして花も葉も、陽に向かって開き
日没とともに閉じてしまいます
これがまた、とても可愛らしく思えるのです

あぶらびれ

尾びれの上に、ぴょこんと付いているあれ
IMG_1981-2017-12-3.jpg
サケ・マス類の証しであるアブラビレ
フライフィッシャーを釣り場に引き寄せる不思議なひれ
尾びれを効率よく動かすための役割を持っているようだ

少し迷って出遅れたけれど、出かけてきて良かった ^^

あぶらびれのある魚と
釣り場の花を見つけることができれば
DSC_2146-2017-12-3.jpg
それはそれは・・・幸せな一日であります

105年振り

札幌は11月に真冬日が5日間あって
DSC_1281-2017-12-2.jpg
何でも105年振りのことだとか

さあ、明日はどうだろう・・・どうしよう・・・