鵡川のニジマス&ツリフネソウ

2015年8月29日(土)
「鵡川 釣り」とか「鵡川 ニジマス」で検索し、当ブログにたどり着く方々のためにも
参考になればいいなぁ~・・・と思い、今年はじめて鵡川へ向かった

乾ききっていないウェーディングシューズを履くのは、とても嬉しい!
そして、川へ降りてすぐのポイントで、まさかの…いきなり40オーバー
IMG_0217-1.jpg
何回も流れてくるセミに、ついつい反応してしまったようだ
IMG_0220-1.jpg
全く期待していなかっただけに、嬉しいと言うか・・・照れくさいというか・・・

しかしその後は、予定通りに・・・しばらくセミに反応しない時間が続いた


ツリフネソウの薄いピンク色バージョン
IMG_0225-1.jpg

こちらが普通のツリフネソウ(釣舟草)
IMG_0247-1.jpg
ん…? 画像だと違いが分かりにくいかも
さて、釣り船・吊り舟・吊り船・・・どれが合っているのだろう・・・

こちらは、キツリフネ(黄釣舟)、ピンボケだけれど、これは違いが明確ですね
IMG_0245-1.jpg
二種類のツリフネが群生するステキなお花畑で、しばし足を止め贅沢な時間を過した
それもこれも、期待以上の魚がすぐに釣れたからではある

セミには反応が薄いのでニンフに変えると、また反応が戻ってきた
IMG_0232-1.jpg
水深のあるポイントが多いので
IMG_0236-1.jpg
2Bのショットを2~3個付けて沈める釣りが合っているようだった
IMG_0237-1.jpg
結局、最初の一匹が最大魚だったが、ヤマメを含め二桁の魚に遊んでもらえた

ツリフネソウが群生している中で、アキノウナギツカミも花を付けていた
IMG_0244-1.jpg
この花、開いているのを、なかなか見つけられない
IMG_0256-1.jpg
名前に似合わないとても可憐な花を咲かせている

とても豊かな時間を過させていただいた鵡川、 ありがとー!

上流域の虹鱒は蝉がお好き

2015年8月27日(木)
去年、反応が良かった上流域へ移動
駐車場所の近くは、さすがに反応が鈍い
ふわっと浮き上がって来るけれど、咥えてはくれない

IMG_0177-1.jpg

少しばかり、足で稼ぐしかないか・・・と自分に言い聞かせ…

IMG_0186-1.jpg
やっぱり上流域のニジマスはセミがお好きのようだ
IMG_0197-1.jpg
40cmを超えると、太い流れも相まってGの5番でもハラハラもの
IMG_0195-1.jpg

どうです!とてもキレイなほっぺでしょ!
IMG_0200-1.jpg
本日一番の美形
IMG_0202-1.jpg
大雪からの峻烈な流れに磨かれたのだろう

ニンフには反応しなかった魚も、セミは気に入ってくれたようだ
一番大きな魚は、ネットイン寸前にバレてしまったけれど
ゆうに二桁を超える魚が遊んでくれ、いい時間を過すことができた(^^

IMG_0212-1.jpg
虫取り撫子も、ほほえんでいた

忠別川を釣り下る

2015年8月27日(木)

ようやく出かけることができた
セミの釣りをしようと思っていたが、何故か目的のポイントに着く前にロッド出していた
中一週空いたので、気が急いていたのだろう

七部咲きといった感じのカワラハハコ(河原母子)
IMG_0160.jpg
とてもいい匂いが漂っている


二匹バラした後、手乗りサイズだけれど、ようやく撮影出来た
IMG_0164.jpg
相変わらず、小型ニジマスには評判がいいようだ


アキノウナギツカミ、小さな花が開いていた
IMG_0171.jpg
マクロレンズが欲しい小ささだ

ポイントもロッドもフライも変えて・・・
コピー ~ IMG_0182
寄り道をしてしまったけれど、当初の計画通りにセミの釣りに変更
少しづつサイズアップしていった
全く・・・初めからこれでやっていればいいものを・・・

沙流川支流のオショロコマ

2015年8月15日(土)

予定より1時間以上遅れて沙流川支流をへ向かった
サイズは上がらなくても、渓流の宝石オショロコマに確実に会えるはずだ
P1160115.jpg


2番ロッドでも物足りないサイズだけれど、すぐに反応してくれた
P1160116.jpg
支流においては、比較的淡い色合いのタイプ
小さくても元気いっぱい
P1160120.jpg

ヨツバヒヨドリの花もすっかり開ききる季節だ
P1160121.jpg
ご覧のように葉が4枚、ヨツバです


こn魚は少しばかり色が濃いタイプ
P1160128.jpg

体型は小さめの鮎のようでもある
P1160133.jpg

この色合いが渓流の宝石と云われる
P1160134.jpg

大場所は、ことごとく無反応であり、ブドウ虫の空き箱が落ちていた
それ以外のポイントでは、サイズこそ上がらないが、かなりの密度で棲息していた
この魚、一説によると寿命は3~4年ではないかという説もある
間引きをせずに、天寿を全うさせてあげたいものだ

猛毒を持つといわれるエゾトリカブト
P1160140.jpg
トラウト達に、この毒がほんの少しあれば、間引きされることもないのだろうにな・・・
フライフィッシャーマンの単なるエゴではある

沙流川とその支流

2015年8月15日(土)

274号線から見る鵡川はカフェオレ色、寄り道せずに沙流川へ向かった
本流でニジマス、支流でオショロコマと遊ぶことができるだろう

去年とは流れが変わっていて、拍子抜けしてしまったが・・・
P1160100.jpg
河畔の木々を映したプールから出てきた透明感のある魚体


ヤマハギ(山萩)
P1160102.jpg
季節は秋へ一歩ずつ向かっている

ニンフには反応しなかったがヒゲナガウエットを咥えてくれた
P1160104.jpg
早めに最上流か支流のオショロコマを探す予定だったが
毎度の事ながら、そろそろ大型魚・・・との期待に、丁寧に釣り下り、戻りはセミを浮かべて長くなってしまった
夏ゼミがずっと鳴いているのだが、おいらのセミフライには全く反応しなかった

ゲンノショウコ(現証拠)は夏の花
P1160111.jpg
根・茎・葉・花などを干し煎じて下痢止めや胃薬として用い、即効性もあることから名前は由来しているそうだ

支流のオショロコマは次回へ


戦争は知らない

野に咲く花の名前は知らない
だけども野に咲く花が好き・・♪

P1160097-1.jpg

帽子にいっぱい摘みゆけば
何故か涙が 涙が出るの ♪

P1160097.jpg


戦争の日を何も知らない
だけど私に父はいない・・♪

P1160105.jpg

作詞:寺山修司さん



戦後70年
戦争を知らない世代が8割以上になったとか
終戦記念日の今日、戦争の惨禍が二度と繰り返されませんように・・・


終わり良ければすべて良し

2015年8月8日(土) 2箇所目はラフティングのメインコースだった
1時間くらいで二桁に近いボートが下っていった
挨拶の言葉もなく 「釣れますかー!」と叫び声を投げつけられても、応える気になれないな
思わず、人差し指を口にかざして「シー!」というポーズ

最悪だったのは
ガイドの大人が、パドルで水面を叩いて大声を上げるのは、いかがなものでしょうかね
それも、軽いキャストでフライが届く距離で・・・
P1160067.jpg
ラフティングの人たちとは共生できそうもないな

この時間、この場所に来たおいらが悪かったということか・・・

そんな場所だけあって釣り人は遠ざかったのだろう、それれなりのポイントでは4~5匹連続でフィッシュオン!!
P1160069.jpg
サイズは40までだったが、とてもわくわくさせてもらえた
P1160072.jpg
これもラフティングのおかげ・・・と思って・・・感謝しよう

背中の盛り上がった、いい魚
P1160075.jpg

多分、このままドライフラワーのようになるツタアジサイと思われる
P1160070.jpg

終わりよければ全て良し!
とても楽しいラスト1時間を過すことができました(^^


ヒゲナガは終わっていた東の本流

2015年8月8日(土)

道東本流は、先週あたりがヒゲナガの釣りの最終盤だったのかも知れない
それでも水面下で、ググっとくる感触を求めてワンパターンの釣行
例年ならば8月は、ドライの釣りをする一ヶ月なのだが・・・

まだいけると思ったヒゲナガの釣りだったが、全く反応してくれない
ドロッパーシステムに変え、ニンフを咥えてくれたチビニジはじゃじゃ馬の雰囲気
P1160057.jpg
釣り始めて2時間が経っていた

P1160055.jpg

30分後、これまた小さいけれど、久しぶりのアメマス
P1160058.jpg

そして40分後、少しサイズアップしてけれど、まだ30cm未満
P1160062.jpg
黒点が見当たらないからホウライマスと呼ぶべきか・・・


この魚が出た時は、6時間をが経過していた
P1160066.jpg
感触が悪ければ、早めにポイント移動するつもりだったが
相変わらず、ムキニなって長居をする悪い癖が出てしまった

次に入った場所は、ラフティングの専用コースかと思えるほど次から次と子供の歓声が下ってきた
そのせいか釣り人が遠ざかっていたのだろう、ワンキャストワンフィッシュのポイントが続いていた


尻別川で子ニジ&ヤマメと戯れる

2015年8月6日(木)

夏の花 つゆくさ
P1160023.jpg
朝咲いて昼にはしぼんでしまい、朝露を連想させるところから命名されたとか・・・


大型ニジマスが期待できるポイントへ
P1160025.jpg

最初のキャストで反応があり、期待は膨らむ
P1160027.jpg

パーマークと水玉の絶妙なバランス
P1160031.jpg


なみだ目・・・のような・・・
P1160039.jpg
これが本日の最大魚だった
おいらの方が、なみだ目になってしまいそう

大型魚のライズに惹きつけられ、ついつい長居をしてしまった

「また来てね~!」と言っているような・・
P1160045.jpg


一発狙いで次も有名ポイントへ
P1160049.jpg
エゾミソハギがお出迎え

珍しく、本日4匹目のヤマメ
P1160053.jpg
なかなか思い通りには・・いかないものだ


さて、かえる・・か・・・
P1160048.jpg
ふー!

暑中見舞い

2015年夏
暑い日が続いています
IMG_0121.jpg

暑中お見舞い申し上げます
P1160018.jpg

         
プロフィール

エンゴサク

Author:エンゴサク
トラウトと釣り場に咲く花を愛するおじさんブログにようこそ…(^о^) 生き生きとした画像を目指しています。どうぞ、ゆっくり覗いていって下さい

アクセス

ブログ村の住人です

クリックして応援して下さいな にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

人気ブログランキング

お気に入りフォト

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
169位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
57位
アクセスランキングを見る>>

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ