シビアな道東本流

2015年6月28日(日) みっちゃん夫婦と道東の本流へ

途中の気温は8℃
川に着いた時、何とか10℃になっていたけれど、ヒゲナガのハッチはあまり期待できない

流し始めてすぐ、みっちゃん達には小ぶりながらレインボーが反応してくれた
おいらはというと、アタリはあっても、なかなか乗ってくれない時間が続いた

少しばかり気温が上がったのだろう、ヒゲナガがチラホラ舞い始めた
ヒゲナガだけではなく、中型のカディスやメイフライも、小型も含めた複合ハッチが始まり
そして・・・いい感じのライズが始まった

そのライズはいたる所で、ひっきりなしに繰り返された
しかし、おいら達フライフィッシャーへの反応はシビア!・・・超シビアだ!

ようやく・・・やっと・・・撮影できるサイズが咥えてくれたのは釣り始めて3時間が経過していた
IMG_0101ニジ

エゾタツナミソウ
IMG_0104.jpg


ひっきりなしにライズする魚に、手を変え品を変え、ムキになるみっちゃん夫婦
IMG_0106-1.jpg
キレイに伸びるライン

この体型になるには、どれだけ飽食しているのだろうか・・・
IMG_0109ニジ
それならば、簡単にフライを咥えてくれてもいいはずだが・・・
IMG_0110ニジ
釣り人の気配を感じているはずの距離でも、平気にライズを繰り返す鱒たち
意地になって川に張り付くフライフィッシャーマン
難しいほどに夢中になってしまうものであります

昔、本で読んだイエローストーンはこんな感じだったかもしれないな・・・

IMG_0042ミソガワソウ
この花は「ミソガワソウ」  前回、この川で撮影したしたものであります

いつも、ご訪問ありがとうございます(^^

2回目のヒゲナガは空振り

2015年6月23日(水)
運が良ければ一発大物が出るポイントへ行ってみた
過去には、明らかに60アップが猛ダッシュの後、ジャンプ一番インブレイクしたポイントだが・・・
その後は、大きくて30サイズが2年に一度出るくらいだ
そして今回、大型のライズを3回目撃したが、ヒゲナガを届けることができない距離でのことだった
結局、一度のアタリもないままロッドを畳んだのでした
尻別川は甘くない!前回はたまたま・・・だけのことか

先回アップしそこねた魚、水の動きがキレイでしょ!
2015-6ニジ3
釣り味は40アップを想像させる力強さだった


紫色がキレイなヒレハリソウ
IMG_0092.jpg

ツメクサの中のひとつオランダゲンゲ
2015-6-23オランダゲンゲ
背景のブルーはエゾムラサキ

とても小さな花
IMG_0097.jpg
可愛らしく、とても魅力的な花
IMG_0096ムラサキ
接写レンズで写したい・・・


尻別川でヒゲナガを流してみた

2015年6月20日(土) 
鱒達の3大スペシャルフードといえば、モンカゲロウ、ヒゲナガカワトビケラ、セミではないかと思っている
そろそろ鱒達のご馳走、ヒゲナガがハッチするはずだ
使うのは黒のラバーで巻いたニンフ、黒川虫風ウーリーバガー、ヒゲナガウエットの3種
どれも、いいかげんなオリジナルフライではある

川に出て、注意深く観察していたが、中型のカディスは確認できてもヒゲナガを見つけることはなかった

それでも黒川虫ウーリー にアメマスが反応
陸封されているエリアなので、イワナといった方がいいかもしれない
だとしたら、かなり大物の部類だ
2015-6-20雨鱒
何か、微笑んでくれているような表情

絶対に魚が付いているであろうポイントで、ヒゲナガウエットを咥えてくれたレインボー
2015-6-20ニジ2
水面下でゴンとくる感触がたまらない!

考えられる手の内すべてを出し尽くした結果だっただけに、うれし~い!!
2015-6-20ニジ1
流れのある急深ポイントだったので、フローティングライン+ショット4個という苦肉の策が功を奏した
20m位の区間を1時間以上やって、この1匹だけが反応してくれた



鮮やかなオレンジ色のコウリンタンポポ(紅輪蒲公英)、いい花だなあ~(^^
2015-6-20コウリンタンポポ1
突然の出会い・・・この流域で出会えるとは思っていなかった
2015-6-20コウリンタンポポ2

草むらの中にルピナスが背伸びをするように咲いていた
レインボートラウトと同じく北アメリカが原産
2015-6-20ルピナス1
堤防の斜面にコウリンタンポポ、こちらはブラウントラウトと同じヨーロッパ原産
2015-6-20コウリンタンポポ3
その下の草むらにルピナス
2015-6-20ルピナス2
少し離れてはいたけれど、見事な競演でした

ステキな花とトラウトに感謝の一日でありマス!

本日も、ご覧くださってありがとうございました(^^

東の本流

2015年6月18日(木)
今期初の道東本流、いろいろな条件が重なり消化不良な釣りになってしまった
IMG_0001.jpg
地を這うように咲いていた花は、朝露と霧雨に濡れていた
ムラサキサギゴケと判明(紫鷺苔)

流れの中で時折ライズをしているのだが、おいらのフライには全く無反応だ
ウエット、ソフトハックル、ニンフと一通り流してみた
平日だというのに5人のFLYFISHERMANが先着しているから、激戦区なんだろうな・・・

ラインシステムを変えて、ようやく相手になってくれた
IMG_0006.jpg
流れの中でもこの体型、豊かな食生活を送っているのだろうナ・・・
IMG_0007.jpg
結局、同じようなサイズをネットイン直前にオートリリースしただけで終わってしまった

フタリシズカ
IMG_0016.jpg
ご覧の通り、仲良く並んで咲いています
ちょっとピントが甘かった

クサノオウ
IMG_0028-1.jpg
おいらの行く釣り場には広く群生してしている

ノコギリソウ…?
IMG_0026.jpg

セイヨウノコギリソウ…?
IMG_0027.jpg
この流域では割と多く咲いている花

この花もまた、仲良く咲いている
IMG_0020.jpg
遅咲きのチェリーのページの花と同じようなのだが
こちらのほうが花も背丈も小さく、花の付き方も違っている
うすムラサキの可憐な花だなあ・・・


ご覧頂きまして、ありがとうございます(^^

今期、2回目の豊平川

2015年6月14日(日)
片道30分で行ける豊平川、半日だけの釣行が出来る貴重な釣り場の一つだ

出発前の一枚、ムラサキツユクサ
P1020067.jpg
青く写ってしまったが、実際はもう少し赤味がかった紫だ

ニセアカシア
P1020070.jpg
途中、終わりかけている木も多かったけれど、釣り場では満開になったばかり

川に続く草地、アカツメクサも満開の時を迎えていた
P1020071.jpg
何てことはない花かも知れないけれど、本当にステキな色合いだ


遊んでくれたのは、水深のある大場所に住むグリーンバックレインボー
P1020074.jpg
もう一回り大きければ言うことはないのだけれどね

こちらは、まるで遡上魚のようにウロコが剥がれてしまった
P1020075.jpg

セミの鳴き声がひっきりなしに聞こえていたのだが
セミフライどころかメイフライパラシュートにも全く反応がなかった

帰り道もアカツメクサ
P1020098.jpg

そして、ようやく咲き始めたヒケジョオン
P1020103.jpg
これから長い間、行く先々で待っていてくれる花

ご覧頂きまして、ありがとうございます(^^

尻別川でヤマメとニジマス

2015年6月9日(火)

全道的に午後から雨の予報のため、遠出はせずに尻別川は京極~喜茂別へ

最初に入ったポイントで、プリプリでとても美味しそうなヤマメ
IMG_0115.jpg
この魚、漢字では山女であり、別名を渓流の女王などと言われたりしますが・・・
実は圧倒的にオスが多く、メスは珍しい存在なのであります
サクラマスの幼魚であるこの魚は縄張り意識が強く、
人間と同様にオスの方が力が強いようで、メスは追いやられてしまいます
追いやられたメスは海に下り、巨大なサクラマスとなって繁殖のために川に戻ってきます
従って、サクラマスにいたっては圧倒的にメスが多くなります
そういう訳で川に定着している山女、実はオトコヤモメというケースが多いのであります!(笑)
(ダムや堰堤で封鎖されたエリアでは、この限りではありません)

ヤマメより少しサイズアップ
IMG_0123.jpg
とても元気で美形ではあるけれど、6番ロッドには物足りない

今にも泣きだしそうなグッドコンデションなのだが・・・
IMG_0127.jpg

オオハナウド
IMG_0130.jpg

カラマツソウ
IMG_0131.jpg


帰るべきかとどまるべきか、何度か自問自答したけれど・・・
IMG_0138.jpg
うす紅色に頬と胸ビレを染めた美しい魚が遊んでくれました
華麗なハイジャンプも2回決めてくれました

ヒレハリソウ
IMG_0142.jpg

尻別川の水位、平水にはもう少しでしょうか・・・
気温が低かったこともあり、水生昆虫のハッチもあまり見られません
ヒゲナガが飛び交うにはあと1~2週間かかるかも知れません

本日もご覧頂きまして、ありがとうございました(^^

2015年、今年初の豊平川へ

2015年6月6日(土)
疲れが少し残っているようで、9時半になってようやく出発
豊平川はやっと釣りができる水位になっていた

川へ降りる道でタニウツギのお出迎え
P1020006-1.jpg

天気は良いが肌寒く、水温も上がらないのか魚の気配は感じられない
P1020009.jpg

何も反応のない時間が続き、ショットをプラスしてみたのが功を奏したようだ
P1020010.jpg
薄っすらとパーマークが残るサイズだけれど、とっても嬉しい一匹
P1020014.jpg
野に咲く花と同じ美しさがある

青色と紫色の競演
P1020020.jpg

オオバクサフジ
P1020022.jpg
開いた花はエゾエンゴサクにも似ているなぁ・・・

ムラサキツメクサ
P1020025.jpg
淡い紫色がとてもキレイだ

ノムラサキ、とても小さな可愛らしい花
P1020035.jpg
花びらはブルーだけれど、蕾はうっすらとムラサキ
ワスレナグサやエゾムラサキにも似ているね

4月の末に別寒辺牛川で水に使ってしまったルミックスGF5
レンズは使えそうだったのでアマゾンで中古ボディを購入し、今回使用してみた
キャノンM2よりウェーダーの中にぶら下げるには、少々軽いのとレンズの出っ張りが低くて都合がいい
さて、写りは・・・?

ご覧いただきまして、ありがとうございます(^^

遅咲きのチェリー

2015年5月30日(土)

車を止めた横の芝生の中、タチイヌノフグリを見つけた
IMG_0099.jpg
とても可愛らしい小さな花
IMG_0101-1.jpg
地を這うように咲くオオイヌノフグリは、一回り大きな花をつけるのですが・・・
どちらにしても、可憐な花姿に似つかない名前である


たぶんエゾキンポウゲ
IMG_0078.jpg

オオハナウド
IMG_0079.jpg
花びらの形は個体差があり、いつも初めての出会いのようだ
IMG_0080-2.jpg


ほんの通りすがりですから
IMG_0085.jpg
名のるほどの者ではありませんが
IMG_0084.jpg
遅咲きのチェリーとでも言っておきましょうか


ワスレナグサ
IMG_0096-1.jpg
忘れられない日のために咲いていてくれる花

二箇所目の駐車場所に咲いていたエゾヤマツツジ
IMG_0102.jpg
ツツジといえばこの色が、子供の頃からら馴染みの色である


ステキな淡い紫色に惹き付けられて、しばし足を止めさせられた
IMG_0107.jpg
葉の下で控え目に咲いていた花・・・
IMG_0109.jpg
名前は教えてもらえなかった・・・

         
プロフィール

エンゴサク

Author:エンゴサク
トラウトと釣り場に咲く花を愛するおじさんブログにようこそ…(^о^) 生き生きとした画像を目指しています。どうぞ、ゆっくり覗いていって下さい

アクセス

ブログ村の住人です

クリックして応援して下さいな にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

人気ブログランキング

お気に入りフォト

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
169位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
57位
アクセスランキングを見る>>

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ