冷たい雨が降っている

タイトルは吉田拓郎さんの曲で、作詞は松本隆さん。

冷たい雨が降っている
指を震わせ、髪を凍らせ
冷たい雨が降っている…♪

松

天気予報通りに、午後から雨になった。
雨が落ち始めるまでの2~3時間のつもりで、
以前からこの時期に行きたかった場所へ行ってきた。

たまには思惑通り釣れてしまうこともある! やったぜ~!
何て素直なブラウンなのだろう!
コピー ~ ブラ

ロクマルにはちょっと足りなかったが、男らしい顔立ちでしょ!
このロッドは、ブラウンとの相性がとても良いみたいだ。
今日はそのつもりで持ってきたのだけれどね。
釣れない日の後に、やっぱりいい事あった~! と心が叫んでいた。


♪好きでもないし嫌いでもない
フルだけフリなよ、ふられてやるさ
冷たい雨が降っている

この世界中びしょ濡れにして
冷たい雨が降っている…♪

帰り道、冷たい雨はみぞれ混じりになっていた。
今日はいい魚が釣れたので、冷たい雨もまんざら悪くはない。

釣れない釣り師は哲学者、
釣れた釣り師は単なるお調子者! 誰かが言っていたなぁ…

風景写真の日

 アメマスを捜索しに初めての川に4時間、隣の2回目の川で2時間ほど歩いてみたものの、
 何の手掛かりもないまま一日が終わった。
 河原の枯れススキが風に揺れ、手招きしていたのではあるが…

 すすき


 遅く遡上してきた鮭が数匹溜まっている場所があり、期待に胸が高鳴ったのだが…
 おいらのフライは一度も咥えられることがなかった。
 
 P1010029.jpg

 何事もないのが当たり前であるかのように…
 凛とした空気の中で、陽が沈んで行った。

 夕景

  新しいカメラで、最初の一枚はアメマスをと思っていたのだがね。
  この次は、いい事があるさ! きっと… 

秋霖

秋の長雨…
季節は冬というべきかもしれないが、恨めしい天気が続いている。
しかも、雨から雪に変わってしまった。

何かとスケジュールが立て込んでいることもあり、出かけることを諦めた。
天気が良ければ違ったかもしれないが…。


気分転換にテンプレートを色々と着せ替えてみて、これにしてみた。
何の気なしにブログ名も変えてみた。


この時期限定のビール、サッポロクラシック富良野ビンテージ。
横にたたずむのはサントリーのマスコット、その名は『アンクルトリス』さん。
開高さんを思い出させる

P1010020.jpg


口の中いっぱいにホップの風味が爽やかに広がる! 美味い!!

二度目のニジマスの川

旭川の友人を訪ねてきた。
土曜の夜、仕事を終えた足で高速に乗った。
焼肉をつつきながら、時を憂いつつ、お互いの近況報告に頷きながら!
アルコールもすすむ…!

気が付くと友人の呂律が怪しくなってきた。
それなのに…繁華街に出ようとタクシーを呼び、いざ…GO-GO!
ところが、料金が1000円を超えた頃、急に呼吸が荒くなり、大きく長く息を吐く!
具合が悪くなったようだ…
「運転手さん、このまま戻ってください」
「わかりました。大丈夫ですか?窓開けましょうか?」
「だいじょーぶ、だいじょーぶ」と言いながらも、具合わるそー!!

結局、そんな状況だったので今日は、おいら一人でニジマスの川へ 
9時になっているのに気温は1℃までにしか上がらない。
道順を間違えたようで、遠回りをして小一時間かかって何とか到着。
支度をする指がかじかむ… 魚の活性も低いだろうな…
立ったままドライフラワーになってしまったカワラハハコの中を通って川に出た。
来年の夏は楽しみだな…。
釣れても釣れなかったとしても、いい香りに包まれて川と行き来ができることだろう。
画像 018

やはり活性が低いのか、なかなか当たってこない。
30m位の区間を流し終えたが、戻って、今度はフライを変えて流す。
かすかな当たりを感じ、軽く合わせると… のった!
30cmほどのレギュラーサイズ、流れの中でジャンプを見せてくれた。
とても綺麗な魚体ではあるが、一回り大きなサイズが見たい!
IMG_0266.jpg

この後、同じ区間を流して4回目だっただろうか・・・
やっと、この川で40cm超えの魚に遊んでもらえた。
そこそこの瀬の流れの中で咥えたので、サイズ以上のファイトを楽しませてもらえた。

IMG_0268.jpg

さすがにストッキングウェーダーでは足が冷えてしまう水温になってきた。
そろそろニジマスと遊ぶ季節も終わりに近づいてきた…

シベチャリ川

「染退」と書いてシベチャリ、鮭の産卵所という意味のアイヌ語に字を当てたようだ。
って、看板に書いてある。
11月から12月には、アメマスが鮭のタマゴパターンで釣れるという噂である。

小学校4年から中学2年の秋までを過した心の故郷、シベチャリ川へ行ってきた。
両親ともに新潟生まれのおいらが北海道に渡ってきたのは小学校2年か3年だったと思う。
最初は日高町は沙流川と支流のチロロ川合流点の近辺だった。
その後、父親がダムの建設に携わって、引っ越してきたのであった。

CIMG0440.jpg CIMG0444.jpg

支流のポヨップの沢をメインにして、たまに本流での釣りをしていた頃を鮮明に思い出す。
とにかく「ヤマメ」は釣れた! 釣っても釣っても、また次の週は釣れる!
ミミズがあれば、ミミズの数だけ釣れた。いやいや、その倍は釣れていたかもしれない。
イタドリだと1.2倍位だったか、とにかく釣れた!

ヤマメがサクラ鱒の子とは知らずに、川から湧いて出てくるものだと思っていた。
ゴールデンウイークの頃には、本流にアカハラの大群が姿を現す。
6月の夕方は決まって同じポイントで、体側に何も模様のない大型魚が釣れた。
秋にはアキアジの大群が押し寄せる、これは釣れないが、とにかく豊穣な川であった。
アメマスの姿は、ヤマメが濃かったせいか、ごく稀に釣れただけだ。
そして中学に入る頃には、父親よりも数を釣れるようになったのを思い出す。

住宅のあった場所とポヨップの沢で小一時間ほど、あの頃に思いを馳せて散策した後、
林道が封鎖されていない支流でロッドを出してみた。
しかし魚っ気は全くなかった。
CIMG0441.jpg
ゆったりした素晴らしい渓相なのだが…

そういえば、遠足の途中でアメマスを釣ったことがあったのを思い出して、
小学校があった付近の本流に場所を変えてみた。
増水でポイントが見つけられず時間がかかったが、やっと出てきてくれたのはアメマスではなく!
ブラウンであった。 アメマスは次回へ持ち越し…。
また次も、行く気満々である 

ブラ
育った場所で、釣りを教えてくれた父と、子供の頃に思いをめぐらす釣行もいいものだよ。
         
プロフィール

エンゴサク

Author:エンゴサク
トラウトと釣り場に咲く花を愛するおじさんブログにようこそ…(^о^) 生き生きとした画像を目指しています。どうぞ、ゆっくり覗いていって下さい

アクセス

ブログ村の住人です

クリックして応援して下さいな にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

人気ブログランキング

お気に入りフォト

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
169位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
57位
アクセスランキングを見る>>

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ