FC2ブログ

北海道の鱒と野の花

釣り師は魚にそれ以外の何かを求めて放浪する(開高健)

夏毛のエゾリス  

耳が毛ばだっていなくてすっきり!
NIK_5505.jpg

エゾリスは耳毛があるものだと思っていたけれど、それは冬の間だけとのことです
NIK_5511.jpg

もしかしたら新種か・・・と思ったけれど、そんな訳はないのでした ^^


知恵の悲しみ  

今年は何度か木苺の群生を見つけて食べましたが、不味いわけではないけれど子供の頃の記憶より甘くないし
ずいぶんと渋い食感だった
個体差だろうかと思い、赤や黒の熟したものを食べ漁ったけれど、やはり遠い昔の味ではなかった
「知恵の悲しみ」という言葉を思い出した
NIK_5133.jpg

巨匠、開高さんが10年振りに訪れたロンドンでかつての忘れられない味であるフィッシュチップスを食べながら言った言葉
『ちょっとパサパサしているな、正直言って私の記憶の中にあるのより美味くないですな。記憶が美しくしてしまったんですね、私はこれを食いたくてロンドンに来たんですが、色んなものをその後食べ過ぎて、知らなくてもいいものを知ったために世の中が寂しくなる、面白くなくなる、これを智恵の悲しみと言うんですが、食べ物も大いに智恵の悲しみになります。』

開高さんはかつて教えられたホカホカのままで食べる方法、日本でいうとスポーツ新聞の可愛い娘ちゃんがにっこり微笑んでいるページに包んで食べておりましたね。ロンドンタイムズなどで包むとすぐに冷めてしまうそうであります ^^

この言葉は開高さんがスコットランドでサーモンフィッシングをする番組の中で呟いたものです
開高さんには珍しく、ダブルハンドでのフライフィッシングでしたね
残念ながらサーモンとファイトすることは叶いませんでした

このところクマさんの出没が激増しておりますね
明日は休みですが、何処が一番安全なことやら・・・迷いますね ^^;

自分の釣りに関しての「知恵の悲しみ」、ちょっぴりだけあるかな・・・

ナースログ  

文豪であり釣り師でもある開高さんがキングサーモンを釣り出かけるDVD、『河は眠らない』の中での言葉
川や森を背景に、誰にともなく話す開高節は、唯一無二の超一流の俳優でもあります
以下、開高さんの言葉を紹介します
P1470771.jpg

森を歩いているとよくわかるんですけれども、斧が入ったことがない、人が入ったことがない森、
というのがそこらじゅうにいっぱいある。
それで土が露出していないで、シダやらなんかに覆われていますが、
草とも苔ともつかないもので森の床全部が覆われている。
それから風倒木が倒れてたおれっぱなしになっている。
これが実は無駄なように見えて実に貴重な資源なのであって、風倒木が倒れっぱなしになっていると、
そこに苔が生える、微生物が繁殖する、バクテリアが繁殖する、土を豊かにする、小虫がやってくる。
その小虫を捕まえるためにネズミやなんかがやってくる、
そのネズミを食べるためにまたワシやなんかの鳥もやってくる、
森にお湿りを与える、乾かない。そのことが河を豊かにする。 ともう全てがつながりあっている。
だからあの風倒木のことを、森を看護しているんだ、看護婦の役割をしているんだ。
というのでナースログ(nurse-log)というんですけれども、自然に無駄なものは何もない、というひとつの例なんです。

そうすると人間にとってナースログとは何でしょうか?
無駄なように見えるけれども実は大変に貴重なもの、というものも人間にはたくさんあるんじゃないか?
それぞれの人にとってのナースログとは何か?

無駄をおそれてはいけないし、無駄を軽蔑してはいけない。
何が無駄で何が無駄でないかはわからないんだ。
ここがひとつの目の付け所ですね、これは大事なことですよ。
無駄なことしてると思うことはないんであって、いつかどこかでまた別のかたちで甦っているのかもしれないんだ。
P1470777.jpg

さて、ボクにとってのナースログは何だろう
あなたにとってのナースログは何でしょう・・・


旭山記念公園へ  

12月25日 初の旭山記念公園
豊平公園に比べると広くて、なかなか鳥を見つけることができなかったけれど・・・
エゾリスが現れました
DSC_4523.jpg

忙しそうに木の実を探してボリボリ
DSC_4517.jpg

DSC_4524.jpg

いいポーズをとってくれました
DSC_4519.jpg

ようやく見つけることができたのは
シメちゃん
DSC_4538.jpg

まあまあの新しい公園デビューでした

何も釣れない日  

2019/7/25(木)
お昼くらいに到着した近場ながら気なっていた流域
停車場所近くはダメだろうと思いつつも、いいポイントではついついロッドを振ってしまう
小一時間、魚の気配を感じられないまま
ムシトリナデシコのお花畑でひと休み
IMGP3283.jpg
夏が似合う花
IMGP3285.jpg

魚影も確認できないまま、さらに一時間くらい
IMGP3290.jpg
ツルアジサイに覆われた大木
先々、どうなってしまうんだろう・・・

さらに一時間、カタバミに似た花
IMGP3293.jpg
水滴のように見えるのは虫に食われた跡のようです

結局、気なったままにしておけば良かった川
まあ、行って見なけりゃ分からないさ・・・

暑い日が続いております
脱水症状にならぬよう気をつけましょう

▲Page top