東のアメマスどうしちゃった!?

2015年10月4日(日)
秋の釣行パターンのひとつ、東の川のアメマス
10月初旬から中旬は、繁殖前の太い魚と繁殖後のスマートな魚が釣れる楽しい季節だ

ところが・・・
何と!2箇所目のポイントまで魚っ気が全くなかった
IMG_0408.jpg

小さな花、ハコベ
IMG_0399.jpg
この季節、咲く花も少ない

3箇所目でやっと出てくれたのはこのサイズ
IMG_0401.jpg
しかし、数は少ないようで単発だ

ようやく繁殖後のややスリムな東の川らしいアメマス
IMG_0404.jpg
約3時間が経っていた

上流へ移動しても魚の群れは見当たらない
IMG_0420.jpg

数多い小さめなホワイトスポットからすると遡上魚ではないような気がするが
IMG_0421.jpg
この美しさ・・・
IMG_0424.jpg

この地の木々が装うのは、もう少し先のようだ
IMG_0415.jpg

それにしてもいったい、どうしちゃたんだろう・・・
春のベカンベといい、この日のチャロといい
あまりにも魚が見当たらないと、かつての嫌な話が頭をよぎってしまう
この川の河口沖で、トン単位でアメマスを漁獲し処分しているとか・・・
アメマス2匹とホタテ1枚を交換している漁協とか・・・

どうか、遡上が遅れているだけのことでありますように・・・ ヽ( ´_`)丿

2015-10-05 18:05 : 道東釣行 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

終わり良ければすべて良し

2015年8月8日(土) 2箇所目はラフティングのメインコースだった
1時間くらいで二桁に近いボートが下っていった
挨拶の言葉もなく 「釣れますかー!」と叫び声を投げつけられても、応える気になれないな
思わず、人差し指を口にかざして「シー!」というポーズ

最悪だったのは
ガイドの大人が、パドルで水面を叩いて大声を上げるのは、いかがなものでしょうかね
それも、軽いキャストでフライが届く距離で・・・
P1160067.jpg
ラフティングの人たちとは共生できそうもないな

この時間、この場所に来たおいらが悪かったということか・・・

そんな場所だけあって釣り人は遠ざかったのだろう、それれなりのポイントでは4~5匹連続でフィッシュオン!!
P1160069.jpg
サイズは40までだったが、とてもわくわくさせてもらえた
P1160072.jpg
これもラフティングのおかげ・・・と思って・・・感謝しよう

背中の盛り上がった、いい魚
P1160075.jpg

多分、このままドライフラワーのようになるツタアジサイと思われる
P1160070.jpg

終わりよければ全て良し!
とても楽しいラスト1時間を過すことができました(^^


2015-08-11 21:17 : 道東釣行 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

ヒゲナガは終わっていた東の本流

2015年8月8日(土)

道東本流は、先週あたりがヒゲナガの釣りの最終盤だったのかも知れない
それでも水面下で、ググっとくる感触を求めてワンパターンの釣行
例年ならば8月は、ドライの釣りをする一ヶ月なのだが・・・

まだいけると思ったヒゲナガの釣りだったが、全く反応してくれない
ドロッパーシステムに変え、ニンフを咥えてくれたチビニジはじゃじゃ馬の雰囲気
P1160057.jpg
釣り始めて2時間が経っていた

P1160055.jpg

30分後、これまた小さいけれど、久しぶりのアメマス
P1160058.jpg

そして40分後、少しサイズアップしてけれど、まだ30cm未満
P1160062.jpg
黒点が見当たらないからホウライマスと呼ぶべきか・・・


この魚が出た時は、6時間をが経過していた
P1160066.jpg
感触が悪ければ、早めにポイント移動するつもりだったが
相変わらず、ムキニなって長居をする悪い癖が出てしまった

次に入った場所は、ラフティングの専用コースかと思えるほど次から次と子供の歓声が下ってきた
そのせいか釣り人が遠ざかっていたのだろう、ワンキャストワンフィッシュのポイントが続いていた


2015-08-09 19:48 : 道東釣行 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

二日目も黙々とキャスト・ドリフト・リトリーブ

2015年7月19日(日)

前日の夕方、想定外のみっちゃん達との合流があり、街へ出かけて晩御飯
思いがけなく花火を見ることもできて、ちょっとした贅沢気分になれた

そして、雨の音を聞きながら車中泊
鹿に覗かれているいるような・・・
夢の中なのか現実なのか・・・
クラクションを鳴らそうか・・・身体を起こすのが面倒だからもう少しほっておこう

そして、目が覚めた時、鹿はいなかった

雨は上がり、絶好のコンディションではあった
P1150049.jpg
時折ライズする大型魚は相手をしてくれない

4時間も経過すると、ひつじ雲
P1150050-12.jpg
時間を忘れてキャストとドリフトを繰り返していた
P1150043-1.jpg
いいサイズの魚は反応してくれないけれど、このサイズが程よく楽しませてくれる

久し振りに見つけたクルマユリ
P1150056.jpg
小さいけれど、花に勝るとも劣らない色合いのレインボー
P1150059.jpg

先週から咲き続けてくれた梅笠草
P1150042.jpg

今釣行の一番は昨日の46cm
P1150052.jpg

一泊二日車中泊の釣行、手首が痛くなるほどロッドを離さずに遊んだ
この日のために用意していたヒゲナガウエット5個をロスしたところで踏ん切りがついた


帰り道、トマムを過ぎたあたりで見つけた花たち
P1150065.jpg
ノコギリソウのような花の付き方で、シモツケのようでもあるオシベ・メシベ
P1150061.jpg

キキョウ?
P1150064.jpg

ヤナギランは少し紫がかってしまった
P1150068.jpg
実際はもっとピンクに近い色合い

ほぼ満足の長くも短くもある釣行を終えた
男にはどうしても、気の済むまでロッドを振らなければならない時があるものです

最後までお付き合い下さってありがとうございます(^^

2015-07-22 20:32 : 道東釣行 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

今日も東へ

2015年7月18日(土)


心の隅で「車中泊も悪くはないか・・」
P1150031.jpg
「飽きるまでロッドを振ってみようか・・・」


P1150034.jpg

「釣りは男が淋しさなしに孤独でいることが出来る地上に残されたわずかな場所のひとつだ」

P1150036.jpg

ひたすら魚とのコンタクトを求めて時間が過ぎていった

P1150048.jpg
ヨツバヒヨドリが色付き夏のはじまり・・・

2015-07-19 20:37 : 道東釣行 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

エンゴサク

Author:エンゴサク
トラウトと釣り場に咲く花を愛するおじさんブログにようこそ…(^о^) 生き生きとした画像を目指しています。どうぞ、ゆっくり覗いていって下さい

アクセス

ブログ村の住人です

クリックして応援して下さいな にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

人気ブログランキング

お気に入りフォト

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
43位
アクセスランキングを見る>>

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ