FC2ブログ

北海道の鱒と野の花

釣り師は魚にそれ以外の何かを求めて放浪する(開高健)

ベニヒワ(紅鶸)③  

スズメ目 アトリ科 全長13~14cm
頭の紅はオスメス共通ですが、胸が赤いのはオスです
NIK_8367.jpg

雪の上のベニヒワを何枚か撮ることがでラッキー!
ドンピシャなショットではないけれど、何とか白い雪と紅色をまとった小鳥
NIK_8396.jpg

NIK_8559.jpg

NIK_8570.jpg

小さなお目めにキャッチライトを入れて撮るのは一苦労です

ツグミ(鶇)③  

スズメ目 ヒタキ科 全長24cm
英名 thrush

12月にたくさんいたツグミも、最近は数羽見かけるだけだが
ほぼ毎回、確認することができます

残り少ないナナカマドの実を啄ばむ
NIK_8615.jpg

胸からお腹への黒班が多いタイプ
NIK_8809.jpg

真冬でも有難い被写体です
NIK_8830.jpg

12月に撮れたハチジョウツグミを思い起こさせる茶色っぽい班模様
NIK_8869.jpg

正面顔はヒタキ類の顔そのものですね
NIK_8871.jpg

その昔、渡りの時にカスミ網を使って捕獲され、食用になっていたこともあったようです

シマエナガ(島柄長)④  

スズメ目 エナガ科 全長14cm

北海道に生息するエナガの亜種です
本州以南に生息する3亜種との違いは、何といってもこの真っ白な顔でしょう
これが「雪の妖精」と言われる所以でしょうね

NIK_7871.jpg

NIK_7722.jpg

NIK_7881.jpg

NIK_7912.jpg

撮影距離に入ってこないこともありましたが
今冬は、何度も出会えることができてラッキーです

ミヤマカケス(深山懸巣)  

スズメ目 カケス科 体長33cm

ミヤマカケスは北海道に生息するカケスの亜種で、日本には4亜種が分布しているそうです
NIK_6025.jpg

たまたま撮れた飛ぶ姿
NIK_7790.jpg

味を占めてカケスを見つける度に追いかけて狙いましたが・・・
NIK_8864.jpg

狙って撮るのはかなり難しいということが分かりました
NIK_8865.jpg

反射神経を磨きつつ、偶然に頼ることになりそうです

ヤマガラ(山雀)  

スズメ目 シジュウカラ科 全長14cm

山の雀と書きますが、いつも行く公園でも一年を通して見ることができます
食性は雑食のようで、夏場は昆虫類も食べるようです
木の実を樹皮などに蓄える習性があり、秋には忙しそうにしている姿を観察できます
何処に隠したか忘れないんでしょうかね
NIK_6283.jpg

松の実やドングリなどを割って食べる時、キツツキ類のドラミングかと思うくらいです
オンコの実も好物のようで、果肉ではなく種を食べるとのこと
NIK_7488.jpg

水浴びというより、この深さは川遊びでしょ・・・
NIK_7800.jpg

人懐っこくて何とも云えぬ可愛らしさがあり、ついついカメラを向けてしまいます ^^

▲Page top