fc2ブログ

釣り竿とは一方に釣り針を、もう一方の端に馬鹿者をつけた棒である

北海道の鱒と野の花

渓流の女王

渓流の女王と呼ばれるヤマメ、漢字では山女と書く
流線型の魚体、くっきり浮き出たパーマークなど、バランスのとれた美しさから女王と云われる
ところが、サクラマスの河川残留型である女王様、実のところほとんどがオスである
上流域でサクラマスの子として生まれた女王様は、海に下ればサクラマスになる
生まれてから育つ過程で、餌をとるのに縄張りを持つのだが
圧倒的にオスのほうが強いらしく、殆どのメスは縄張りを持てず海に下っていくことになる
そうして川に残っているヤマメは、ほとんどがオスである
そうすると、ヤモメと呼ぶ方が合っているかも知れない ^^
しかし、美しいものは女王様と呼びたくなるのが釣り師の、いや男の性というもの

北海道ではヤマベと呼ぶ方が一般的
P1490600.jpg

食べるにはアユと並んで人気の川魚
P1490607.jpg

渇水状態の川
P1490565.jpg
魚も釣り師も、ひと雨ほしいところでありますね

  1. 2021年08月04日 15:41 |
  2. ヤマメ

初めての小渓流・・・ヤマメ編

北海道らしからぬ暑さが続いています
先週末、河原のない少しでも気温が低そうな小規模河川へ釣行してみた
昔の釣り場ガイド本で選択したのは、ダイレクトに海につながる小さな渓流
堰堤までの区間でウグイ、ヤマメ、イワナ、ニジマスが釣れると書いてあった
堰堤から上は、イワナとニジマスだけの生息だという
とりあえず、下流の入渓地点から堰堤を目指して釣り上がった

ネットの網目から抜け出す大きさの新子ヤマメ、
P1490443.jpg

少ししサイズアップは二年魚だろうか
P1490474.jpg

ピンク色のエゾアジサイ
P1490454.jpg
ヤマメは山女と書き、渓流の女王なら、このアジサイは何と呼べばいいだろう・・・それくらい惹きつけられた

この後、流れのないプールでウグイ君が釣れてガイド本通りに進行していく

  1. 2021年07月20日 19:27 |
  2. ヤマメ

久し振りのヤマメ

狙って釣ったわけではないがパーマークの綺麗なヤマメ
P1110184.jpg

エゾノコンギク、もうすぐ秋になりますね
P1110174.jpg

ヤマメもそうだったけれど、かなり痛い転倒を久し振りにしてしまった・・・

  1. 2020年08月14日 19:50 |
  2. ヤマメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

湖沼型サクラマス

洞爺湖や屈斜路湖にしろダム湖にしろ、流入河川のヤマメが止水においてサクラマスになったものと思われる
しかし、屈斜路湖は釧路川を介して海とダイレクトにつながっている
P1460254.jpg
さて、ヤマメが先かサクラマスが先か・・・

ドライフラワーと化したノリウツギ(糊空木)
IMGP2059.jpg
名前の通り、その昔、本当に糊の原料となっていたらしい

  1. 2019年04月23日 19:35 |
  2. ヤマメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

かなり相性が悪い川

2018/9/4(火)の釣り
水位が下がった尻別川へ行こうか迷った末に選択した川は余市川
かつての情報では、中流域で大型のニジマスが狙えたはず
ビックドライの時期に一度は・・・と思っていたが この日になった

流れはイメージ通りだったが、何と!先着の餌釣りの方々が数名来ていた
しかし、釣り方が違えば、竿抜けするポイントもあるから何とかなる!との思いはすぐに崩れていった
橋の上下5~600mくらいの区間で、一回だけ小型の魚影を確認しただけだった
この川、下流域に春のアメマス狙いに何度となく入ったことがあるが、ノーバイト・ノー^ヒット・ノーフィッシュ!
何ともまあ・・・相性が悪いとしか言いようがない川だ


仕方がないので3番ロッドで上流域へ・・・
IMGP1043.jpg
反応があったのは何故か入渓場所付近のみ
数匹のヤマメに、折れた心を慰めてもらいました

ツユクサ
IMGP1038.jpg
心が安らぐブルーの花
  1. 2018年09月09日 19:44 |
  2. ヤマメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0