fc2ブログ

釣り竿とは一方に釣り針を、もう一方の端に馬鹿者をつけた棒である

北海道の鱒と野の花

オショロコマ探し

このゴルジュ帯の上流はオショロコマが生息しているはず…と、勝手に決め付けていたが
オショロコマどころか魚の生体反応は全くなかった
P1120623.jpg

別の日、生息している川へ安否確認に行ってきた
以前、お持ち帰りの釣り人が入っていたので気になっていたが
元気な姿を確認できて一安心です

P1120574.jpg
17~8cmがアベレージサイズ
P1120593.jpg

この魚は特にキレイだったのでアップで
P1120586.jpg

イヌタデ、林道脇でひっそりと
P1120407.jpg

  1. 2021年09月21日 19:41 |
  2. オショロコマ

オショロコマときのこ

先回27日の釣行でのオショロコマ
IMGP4333.jpg

比較的、色が薄いタイプのもの
IMGP4342.jpg

ヒラタケとチャナメツムタケナラタケ
P1110353.jpg

3回に分けていただきましたが、やはり汁物が一番でしたね
多分、天ぷらもいけると思います、ソバに添えれば最高でしょう

昨日、この覚えたてのキノコを目的に釣行を企てましたが、雨降りで車から降りられませんでした
一時間ほど、空とにらめっこしていましたが・・・残念!!

  1. 2020年10月03日 20:02 |
  2. オショロコマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ブロ友有り遠方より来たる

2020/9/27(日) ~朋あり遠方より来たる、また楽しからずや~
『湧水が育む美しき里川でZacco Fly Fishing』のGCさんと友人のTGさんとの釣行
目指すは、お二人がひと目会いたいと願っていた渓流の宝石オショロコマです
確実であろうと思って釣り上がった渓は、気温が低いからか、魚がいないのか
なかなか厳しい時間が過ぎて不安がよぎりました
それでも何とか、それぞれの毛鉤で愛すべきオショロコマを画像に収めることができ、ほっとしました
IMGP4334-1.jpg

お腹のオレンジ色が美しいタイプ
IMGP4337.jpg

GCさんのもう一つのお楽しみはキノコ探索
IMGP4352.jpg
すっかり影響され、キノコが出る場所が分かるようになりました、が・・・
食べられるかどうか見分けられるようになるには、まだまだ時間がかかりそうです
GCさんの手ほどきであっさりと3種ほどの食用キノコを仕入れることができ、楽しみが増えました

ミソガワソウ、ほんの少しだけ咲き残っていました
IMGP4346.jpg
名前は木曽川の支流、味噌川に由来し、日本の固有種とのことです

釣行の終わりにコクワの実を頬張って、実りの秋を満喫の一日となりました ^^

  1. 2020年09月28日 20:06 |
  2. オショロコマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

オショロコマとニジマスは共棲できるか その②

2020/8/18((火)のつづき
昨年までオショロコマだけが棲息していた流域の境界線は、岩盤の箱状になった流れに1m弱の段差だ
決して虹鱒が遡上できないわけではないと思うが
遡上しなくても楽々と生きていける餌環境と生息数ゆえに境界線になっていたと思われる

その流れの上流でのオショロコマ
NIK_5091.jpg

ちょうど20cmのサイズを2匹だけ撮影
NIK_5104.jpg

少し反応しないポイントが続いた後、何と! この魚
NIK_5102.jpg

このニジマスの後、同じようなサイズがさらに2匹出てきた
何年間も見ることがなかったニジマス、迷いながらもリリースしてきたが
このまま、勢力を伸ばしてきたならオショロコマはどうなってしまうのだろう
混棲できるのであればいいのだが
来年は釣れる数によっては、ニジマスを持ち帰らなければいけないかも知れない
そういえば、もう何十年も食べていなあ・・・

もう一つのお目当てだったダイモンジソウは何故か見つけることができなかった
毎年咲くわけではないものなのか
少し早かっただけなのか・・・まさか、商売用に抜かれていったわけじゃあないだろうなあ
今回は気になることが二つもある釣行になったのでした

キツリフネ
NIK_5132.jpg

ネジバナ
NIK_5138.jpg

駐車場所との中間くらいで一輪だけ咲いていたネジバナ
可憐な姿を撮る事ができて
少しばかり足も気持ちも軽くなったのでありました

  1. 2020年08月22日 20:07 |
  2. オショロコマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オショロコマという魚

2020/7/7(火)のつづき

ウツボグサ
P1090029.jpg

オショロコマの生息域は北海道以北のようです
いわゆるブラキストン線が境界となっている訳です
この境界線は在来種において何種かの動植物に当てはまりますが、人為的に越えてしまったケースもありそうです
P1090046.jpg

絶滅危惧種になっているのは、環境からの影響を受けやすいからです
外来トラウトと競合すると負けてしまいますし、河川環境の変化にも敏感な魚です
純真無垢なこの魚、容易に釣られて乱獲にも弱いのです
P1090059.jpg

以前、ある水系でオショロコマの食性をレポートした水産試験場の調査によると
胃袋の中を調べた結果、陸生の昆虫類が70%、水生昆虫が30%とのことです(8:2だったかも・・・)
陸生昆虫類が活発になる時期は、それらを捕食しやすいポイントに棲息していることになります

渓流の宝石とも言われる美しい魚でもあるゆえ、年に1~2度だけ水系を変えて安否確認します
撮影した後はドライフライに出てきてもアワセを入れずに、スレさせて保護に努めます ^^
P1090064.jpg
お腹のオレンジ色がとてもキレイ

一ヶ月ほど前にアップしたタモギ茸は、すでに痛んでいて採り損ねてしまい
彼方此方と探し回ってようやく食することができました
P1100001.jpg

春に仕込んだ行者ニンニクの醤油漬けを調味料に、タマネギを加えてレンジでチーン!
とても美味でありました! 病み付きになりそうです ^^

  1. 2020年07月09日 19:45 |
  2. オショロコマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2