FC2ブログ

北海道の鱒と野の花

釣り師は魚にそれ以外の何かを求めて放浪する(開高健)

魚にそれ以外の何かを求めて

2019/9/16(月)の釣行

釣り師は魚にそれ以外の何かを求めて放浪する
その「何か」は短く説明することがなかなか容易でなく、意識化にひそむものもおびただしいので、
釣り師自身も知覚しきっているとはけっしていえない
いわば彼は輝かしい川岸に立つ暗い人である・・・・・・開高健

4連休のうち1日だけ休んで3日目の放浪
IMGP3772.jpg

美しいオショロコマの安否確認
IMGP3849.jpg

昨年は全く反応しなかった流れだが、命をつないでいたようでとても嬉しい
IMGP3859.jpg

はたして、オショロコマの美しさ以外の何を求めて歩いてきたのだろうか・・・
ともあれ・・小雨が降り出してはきたけれど、輝かしい川岸に立つことができたのです

行きがけに見つけたきのこ
IMGP3774.jpg
どうも食せそうな雰囲気を漂わせているが、いまだに採って帰ったことがないのです

美しい魚

すべての魚は美しい
すべての星のように
淡水であれ、海水であれ
地味なフナでも、華やかなタイでも
すべての魚は言いようもなく美しいと私は思っているけれど
とりわけマス族ときたら、それはもう・・・   ~開高さんの名言より~

大物釣り師の開高さんがオショロコマを釣ったかどうか定かではないけれど
この美しさはマス族の中でも、たぶん最上位にくるだろう
IMGP3620.jpg

特にこの流域のオショロコマ、淡い色合いは
とても美しい
IMGP3622.jpg

ダイモンジソウ(大文字草)
IMGP3608.jpg

この可憐さには・・惹きつけれます ^^
IMGP3647.jpg

20枚くらい撮ったけれど、カメラの設定がおかしくなっていて
ちょいと加工してアップできるのはこれくらい
白とびを防ごうとしてガチャガチャしたのが裏目に出た・・トホホ・・ホホ・・・

オショロコマとウツボグサ

相変わらず初心でキレイなサカナ
オショロコマ
IMGP3296.jpg
ビク(魚籠)を下げた釣り人と行き違ったので、少し心配です


ウツボグサ
IMGP3306.jpg
古くから、干して薬草として用いられてきたそうです(消炎や利尿効果)

二回目のオショロコマ釣行

2019/7/20(土)
オショロコマを撮りに1番ロッドだけを持って入渓
大きな魚がいそうなポイントだけを選んで釣り上がる
丸々と太っているけれど20cm弱
IMGP3220.jpg
背中近くまで入ったオレンジ色の斑点がキレイ

少しサイズアップ
IMGP3211.jpg

この日、最大の23cm
IMGP3226.jpg
口お開くと、けっこう獰猛な感じ

花に思いっきり突っ込んでいる蜂と、突撃体制の蜂
IMGP3205.jpg

林道跡に咲く青い花
IMGP3239.jpg

タツナミソウの群生を見つけたのだが・・・電池切れ!
一枚くらい何とかならないかと試みているうちに、レンズキャップを置き忘れ・・・
気づいたのは翌日だった ^^;

初夏のオショロコマ

オショロコマは盛夏になってから釣りに行くのだが
この時期の色合いを確かめたくての釣行

浅場に棲んでいるであろう背中の色合い
IMGP2871.jpg

やや水深のあるポイントから出た一匹
IMGP2864.jpg
この時期
パーマークに似た縦縞もオレンジの斑点も淡く、とてもキレイ

オショロコマの口は、川底近くの水生昆虫などを食するのに適しているとのこと
したがって、水面を流すドライフライにアタックするのも上手ではなく
一発でフッキングさせるのは至難の技です
これは、おいらの腕に問題があること大でしょうが・・・
そんなことを思いながら、きれいなオショロコマと遊んでました

タツナミソウがちょっと群生していました
IMGP2875.jpg

アカバナは3株ほど
IMGP2879.jpg

これらの花もオショロコマも、もう少し多く生息するようになることを願います ^^

次のページ