FC2ブログ

北海道の鱒と野の花

釣り竿とは一方に釣り針を、もう一方の端に馬鹿者をつけた棒である

魚影が薄い浜益の鮭

10月5日(土) 出遅れて到着した時には、複数のサケを検量する方が何人かいました
朝一は、かなり良かったようです

ようやく出た一匹目、さらなる期待は実を結ぶことのないキャストを繰り返す力にはなった
P1470055.jpg
今期一番の大年増?といったところでしょうか

エゾノコンギク
P1470054.jpg
どうしても白っぽく写ってしまう
実際はもう少し紫色がかっています

10月6日(日) 昨日の欲求不満を満たすため連日の出勤です
山の切れ目あたりに虹が架かっていて、こいつは縁起がいいや! と、思ったけれど
この日は一度のアタリもないまま、フライのロスが嵩んでしまった
釣れなければ釣れないほどに、川底を流そうとして障害物の餌食になってしまうのです
DSC_3627.jpg

帰るには早いような気がして海を眺めに・・・
DSC_3630.jpg

穏やかな潮風が、心地のよい時間でした
DSC_3633.jpg

橋の上から見ると、ウグイの大群を掻き分けるように大型の魚影が行ったり来たりする
しかし、数としては決して多いとは言えないくらいだったが
サーモンサイズの鯉らしき魚が3匹いました
この魚をかけたら、さぞかし楽しいだろうなあ・・・

浜益のサーモンフィッシングもあと一回、何とか有終の美を飾りたいものです


2019年 5回目の浜益川サケ有効利用調査

2019/9/25(水) 今シーズン5回目の浜益川

一昨日の雨でやや増水気味、底をとるためビーズヘッドを使用
釣り始めてすぐ、2回目のキャストであっけなく咥えてくれた
P1470046.jpg
サイズ的には物足りないが幸先のよいスタート

一時間もしないうちに2匹目、これはメスのようだった
P1470047.jpg

しっかり口に咥えてくれたのはこの二匹だけ
2回ほど顔を出してはくれたが
海側からの強風が止まず、水面に気配を感じ取ることはできない状況だった

前回とは反対側の堤防裏
P1470051.jpg

魚が多いのか少ないのか・・・何とも微妙な感触ではありますが
あと2~3回行ければと思ってます
次の金曜の傘マークがなくなりますように・・・

2019 浜益のサケ4回戦

2019/9/22(日) 4回目の浜益川
管理棟で聞くと、前日の釣果はけっこう良かったようだ
金曜日がやや増水気味だったこともあり、遡上が促されたのかもしれない

ところがこの日、今シーズンでは一番の減水状態
スタートが遅かったとはいえ、魚の気配が感じられないまま時間が過ぎていった
諦めかけた頃に・・・
川に入って少し経ったオスの典型的な色合い
P1470042.jpg

開高さんは、釣りは運・勘・根であると言っていた
何箇所か回ってここ!と決めたポイント(勘)で粘っている姿(根)に、
ちょっとばかり神様が指を動かしてくれた(運)ということか


堤防の裏側は実りの秋
P1470039.jpg
前回の台風で、所々倒れてしまったようです

この日の魚影は、かなり薄いようでした

2019年3回目の浜益川サケ釣り

2019/9/20(金) 3回目の浜益川
例によって8時過ぎの到着
前日の雨によりやや増水気味だが、立ち込み禁止ではないとのこと
やや上流の方で膝上まで水に浸かった時、何やらじわ~とした冷たさを感じた
もしかしたら、浸水しているのか!
3キャストくらいの後、自ら上がって確認すると
両足ともに膝小僧に回りが濡れている・・・
このハイブリッドウエーダー、最近ではこの時期から4月まで使用して・・・買ってから7年になるなあ

そういうわけで、水に浸からない場所で釣る事になったなったのだが
実はこれがラッキーストライク!
P1470030.jpg

銀ピカの70cmが、ビーズヘッドのフライを咥えてくれたのでした!
増水気味なのでビーズヘッドで沈めて底をなぞるイメージで流したのが功を奏しました!
P1470035.jpg

こういう場所ですですので、ロールキャストしかできません
P1470038.jpg
それでも、風を見方につけると25mは飛んでいきます
しかし、窮屈さは否めず、魚の気配もないので2時間もするとまったりモードの日向ぼっこでした

土手裏に見つけたミゾソバ
P1470026.jpg

今年はとりあえず、3回ともサケの顔を見ることができて上出来なシーズンです


2019 2回目の浜益川サケ有効利用調査

2019/9/10(火) 2回目の浜益川

北海道においては内水面でのサケ・マスの採捕は全面的に禁止されています
川に遡上してくるサケマスの採捕とか捕獲はだめでも・・・釣るだけならいいような気もしますが・・・ダメです
ここでいうサケマスとは漁業の対象になっている種類であります
漁業法に基づいた規則で、違反すると罰せられます
例外として「有効利用調査」があります
事前に事務局に申し込み「採捕従事者」として登録し、サケ・マスを釣る事ができます
一応、調査という名目で、合法的に釣ることができるわけです
現在は浜益川と忠類川の2河川だけです

2回目の調査結果はというと
P1470018.jpg
何とか一匹だけ釣ることができたけれど、魚影は、かなり薄かった
単発的な跳ねや背ビレを出す泳ぎを、たま~に見つけるだけであった
吹き止まない風によって、見通しの悪い水面ではあったけど
群れらしい動きを見つけることができなかった

たぶん・・コウゾリナ
P1470012.jpg

あかとんぼ
P1470021.jpg
羽を取ったら・・・あぶらむし・・?

次のページ