2017 最後の浜益サケ釣り

2017/10/1(水) 

天気予報では午後からは雨の確率60%
40%の確率に賭けたわけではないけれど雨に濡れずにすんだ
IMG_1860-2017-10-11.jpg

7日(土)から好転していることを期待していたけれど
魚の気配は変わらずというより、さらに薄くなっているようだった
何とか一匹だけ、おいらの毛ばりを咥えさせることができた
相変わらずとっかえひっかえのフライ交換をしていたが
やや深さのある場所だったのでビーズヘッドのフライに交換すると・・・
(ピントがネットに合ってしまって、お恥ずかしい画像ですので小さめに)
IMG_1854-2017-10-11.jpg IMG_1856-2017-10-11.jpg
8番スイッチを使うようになって、ほとんど出番がなくなってしまった8番13,4ftを使用
途中でスイッチに交換しようかと思ったほど、使い勝手が悪かった
葦に囲まれた場所では長すぎる!(セージのONEは8番からグリップも長い)
風が強い中、釣れないのでキャストを繰り返したこともあり、重すぎる!
もしかしたら、今回が最後のキャストになるかもしれないな
おいらのような使い方だと、スペイロッドは必要ないのかも知れない

ホソバウンラン(細葉雲蘭)
DSC_2004-2017-10-11.jpg
鮭も少なくなっているが、この花も少なくなっているような気がする
気のせいならよいのだけれど・・・

去年くらいから、一日一匹の感触になってしまったけれど
手軽に楽しめる浜益のサーモンフィッシング、また来年も楽しみにしています!

残りない浜益の鮭釣り期間、あまり期待なさらずに出かけたほうがよろしいかと思います ^^

二日かけて浜益サケを攻略

ノーヒットに終わってしまった翌日に、連日のチャレンジ!
これといった秘策がある訳でもなく、川のポイントに立つ順番だけは決めていた

ゲンを担いで・・・
出発時間を少し早めてみた
街中を通り抜ける道順を変えてみた
セコマで買うおむすびを変えてみた

しかし何故か駐車スペースが同じ場所になってしまい、いっそ隣のスペースに移ろうかと思ったものの
そこまでしなくてもいいか・・・

さて、結果は
5時間かけて、3回のアタリをものにすることができなっかのだけれど
その後に・・・
IMG_1834-2017-9-27.jpg
この魚、メスとは思えないほどのかっ飛びファイターだった
針がかりして直ぐ、一気にバッキングラインまで引き出してみせた
この感触を味わいたくて、昨日は丸一日釣れない時間に耐えてきたということさ

そして、約30分後に
IMG_1840-2017-9-27.jpg
さて、このサケはオスでしょうかメスでしょうか・・・

この角度からだとオスの顔と魚体の模様
IMG_1836-2017-9-27.jpg
管理棟での計測時も、体型とアブラビレの大きさはメスのようだけれど
鼻曲がりは小さいがオスのようでもあると
がっかりしないようにオスということにしておきましょう!ってことに
74cm、4kgでした

判定は、オスとのことでありました

この日、結果を出せた要因としては
3色のフライをローテーションさせた後に、小さめのフライをローテーション
その後、大きいフライに変えてヒット
そして30分後は、小さいフライを咥えてきました

これが、フライローテーションによるものか
単に、やる気のでる時間帯なのか
天気の変わり方によるものなのか・・・

DSC_1955-2017-9-27.jpg

いえいえ、そういうことではなく
道順やセコマのおむすびを変え、ゲンを担いだことが功を奏したのかもしれない

2017年 浜益川サーモンフィッシング 2回目

2017/9/13(水)
前日の雨は、川にとっても恵みの雨でありフレッシュな群れが遡上しているはず!
増水で中止になっていてはシャレにならないので、6時に管理棟へ電話で確認して出発
上流と立ち込みは禁止だが釣りはできるとのこと、午後からは全部OKになった

少し濁りが入っているものの、さほど増水していなく・・・
つまり・・・遡上もあまりないようで、到着した9時には帰る人がけっこういる状態だった

曇り空も、風と雨よる水面のざわつきも、釣り人の少なさも・・・
鮭の警戒心を解き放つはずなのだがなあ

それにしてこのカラス達、意に反して不吉な光景かも・・・
IMG_1825-2017-9-13.jpg
誰かが投げ捨てたウグイのご馳走に集まってきたカラス
けっこう仲良く食べていた

鮭の次に楽しみにしていたホソバウンラン
DSC_1934-2017-9-13.jpg

ゲンノショウコをアップで・・・
DSC_1935-2017-9-13.jpg

午後から、川に立ち込んでも良いとの案内があり
前回、少し魚が溜まったポイントでねばることにして
50m位の区間を3往復目に・・・ようやく!
IMG_1826-2017-9-13.jpg
オスらしい素晴らしいファイトをしただけあって
75cm、4kgとのことだった

フライの色、サイズを何回も変えた中で
小さめのピンク色をがっちり咥えてくれた
6時間を要して、粘り勝ちです ^^/

2017年 浜益川のサーモンフィッシング

2017/9/9(土)
今年も浜益川の鮭釣りがスタートしました
混雑を避けて9時過ぎに到着。思った通りに駐車場は歯抜け状態になっていた。
その割りは数は上がっていないようで、釣れなくて帰った人もいるということか

IMG_1809-2017-9-9.jpg
魚が作り出す水面のざわめきを見つけてキャストを繰り返す
・・・が・・・反応はしない・・・
スレないように、少し遠目をリトリーブすると
IMG_1803-2017-9-9.jpg
まさかの・・・うぐい君
鮭を釣ろうとしているのに・・・!

時折、鮭はその存在をアピールするかのように、尾びれを見せたりジャンプしたり・・・
しかし、なかなか口を使ってくれなかった

根負けしたか、お情けか
IMG_1808-2017-9-9.jpg
つごう、7時間で1匹だけが反応

何故か、川のすぐ傍の草むらに咲くユリの花
IMG_1804-1-2017-9-9.jpg

帰り際、ウグイ君の50オーバーが出た時「やっと2匹目!メスだな~!」とぬか喜びをしてしまった
たしかにウグイ君も2匹目ではありましたね ^^;

多いとはいえない魚影ではありますが、浜益川のサーモンフィッシングの開幕です

2016年 浜益川のサケ釣り4回目

2016年10月5日(水)
月曜日に恵みの雨が降り、フレッシュな群れが入っているはずだ
しかし、前夜の抜歯による不快感が残り、出遅れによって到着したのは8時を回っていた
案の定、管理棟の話では、いい魚がけっこう釣られているとことだった

下流も空いていたのだが、前回魚が溜まっていた中洲の下まで行ってスタート
しかし、魚の気配は皆無であり、得意の場所まで下って20分もしないうちに・・・
P1280105.jpg

キャスト後のカウントダウン中にゴン!とひったくられた
P1280103.jpg
そのファイトからオスだと思ったのだが

姿を現したのはフレッシュなメス
P1280100.jpg
いい筋子が入っていそうだ ^^

素晴らしい魚体とそのファイトに満足し、堤防の両側をゆっくり花探し
田んぼのそばで、すらっと伸びたゲンノショウコ
P1280116.jpg

その傍の水路跡に、ママコノシリヌグイ
P1280132.jpg

やや濃いめの色合いのエゾノコンギク
P1280126.jpg

たまには撮ってほしいナ・・・と声をかけられたような・・・ヒメジョオン
P1280133.jpg

一匹目が10時前だったが長い沈黙の後、15時から、ばらしもいれて3連続のヒットがあった
終了時間が近いのを知ってか知らずか、スイッチの入る時間帯だったようだ

この日は、早くも遅くもリトリーブ中のヒットゼロ
すべて、漂わせている中で咥えてきた
次は、マーカーも持って行こう!!
プロフィール

エンゴサク

Author:エンゴサク
トラウトと釣り場に咲く花を愛するおじさんブログにようこそ…(^о^) 生き生きとした画像を目指しています。どうぞ、ゆっくり覗いていって下さい

アクセス

ブログ村の住人です

クリックして応援して下さいな にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

人気ブログランキング

お気に入りフォト

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
290位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
103位
アクセスランキングを見る>>

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ