FC2ブログ

北海道の鱒と野の花

釣り師は魚にそれ以外の何かを求めて放浪する(開高健)

ワンキャストワンフィッシュ  

アメマスパラダイスのつづき

多分、この魚が一番小さかったかと思う
集団でいれば、大き目のサイズから釣れるものだが、バラしを含めて50cm未満が続いた
P1110790.jpg

ようやくサイズアップ、しかもこの太さなので楽しいのなんのって・・・
P1110800.jpg

風の合間をぬってのキャストだが、ほぼワンキャストワンフィッシュ
P1110824.jpg

一度、50を越えた後は、そこそこの魚以外はカメラを出さないという贅沢な釣り
この魚は、口に薄っすらと傷跡が残っていた
P1110806.jpg
余程、食い気が立っていたのか・・・フライがマッチしていたのか・・・

必ず理由はあるはずだけれど、釣れる時は釣れるもんです ^^

アメマスパラダイス  

2021/2/20(土)の釣り
北海道は先週の初め、数年に一度の冬の嵐でしたが
気温が上昇予定の土曜日、数年に一度のアメマスパラダイスでありました

予報はやや強い南西の風でしたが、現地は北西からの強い風
思い通りにならないキャストにイラつきながらなので、アメマスからのコンタクトは格別なものです
やや細身の60サイズ、昨秋の繁殖帰りの個体だろう
P1110777.jpg

10分もすると期待の遡上タイプが出てきて、連発を予感したのだが・・・
P1110783.jpg
5~60mの区間を丁寧に流すものの反応はなかった

吹き止まぬ北西の風にめげて、一番期待のポイントを移動
少しだけ向きが変わった強い風の合間を縫ってのキャストだが、アメマスの反応はすこぶる良かった
P1110788.jpg
この魚は二匹バラしたあとのもの
まさかのアメマスパラダイスのポイントでありました ^^

おまけ画像は家の切花
IMGP4392.jpg

ベニヒワ(紅鶸)③  

スズメ目 アトリ科 全長13~14cm
頭の紅はオスメス共通ですが、胸が赤いのはオスです
NIK_8367.jpg

雪の上のベニヒワを何枚か撮ることがでラッキー!
ドンピシャなショットではないけれど、何とか白い雪と紅色をまとった小鳥
NIK_8396.jpg

NIK_8559.jpg

NIK_8570.jpg

小さなお目めにキャッチライトを入れて撮るのは一苦労です

ツグミ(鶇)③  

スズメ目 ヒタキ科 全長24cm
英名 thrush

12月にたくさんいたツグミも、最近は数羽見かけるだけだが
ほぼ毎回、確認することができます

残り少ないナナカマドの実を啄ばむ
NIK_8615.jpg

胸からお腹への黒班が多いタイプ
NIK_8809.jpg

真冬でも有難い被写体です
NIK_8830.jpg

12月に撮れたハチジョウツグミを思い起こさせる茶色っぽい班模様
NIK_8869.jpg

正面顔はヒタキ類の顔そのものですね
NIK_8871.jpg

その昔、渡りの時にカスミ網を使って捕獲され、食用になっていたこともあったようです

シマエナガ(島柄長)④  

スズメ目 エナガ科 全長14cm

北海道に生息するエナガの亜種です
本州以南に生息する3亜種との違いは、何といってもこの真っ白な顔でしょう
これが「雪の妖精」と言われる所以でしょうね

NIK_7871.jpg

NIK_7722.jpg

NIK_7881.jpg

NIK_7912.jpg

撮影距離に入ってこないこともありましたが
今冬は、何度も出会えることができてラッキーです

▲Page top